お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 生活

【夢占い】嫌われる夢は「幸せな夢」である理由

紅たき(占い師・コラムニスト)

誰かに嫌われる夢は後味が悪いもの。こればかり夢に見る日が続くと、不安になってしまいますよね。でも、嫌われる夢は、相手との絆が深まる暗示。上司、友達、家族……。相手別に読み解く「嫌われる夢」の意味を占い師の紅たきさんが解説します。

夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。

夢はあなたの本音や本性を表し、自らを振り返る「気づき」を促してくれるのです。それゆえ、古来より夢は占いに発展していきました。

見た夢を分析していくことで、これから起こりうることや今の運勢がわかるのです。

今回は、誰かに「嫌われる夢」の意味についてくわしく紹介していきます。

嫌われる夢は「コンプレックス」の象徴

人に嫌われる夢は、あなたのコンプレックスの表れである可能性があります。

人に嫌われたくはないけれど、好かれる自信がない。周囲の人は自分をどう思っているのか、不安でたまらない。

そんな気持ちになっているときに、嫌われる夢を見ることがあります。

誰かに嫌われてしまうかもしれないという恐怖心が、この夢を見せているのです。

「夢で嫌われた相手」とは絆が深まる

また、嫌われる夢にはもうひとつ意味があります。それは、夢の中で嫌われた相手と今以上に良い関係を築いていける、相手との絆がより深まるという暗示です。

嫌われるのは嫌だという気持ちが強い相手だからこそ夢に出てきて、本来とは逆の意味の夢を見せるのです。

嫌われる夢は、悪い夢ではありません。人との絆が深まる可能性を告げる吉夢である場合が多いです。

嫌われる夢ばかり見るのはなぜ?

嫌われる夢は、現実で環境が変わり、人間関係に変化があったときに見やすいといわれています。そんなときには誰でも不安を感じます。その気持ちが夢になって表れるのです。

何度も見る場合は、早く環境に慣れなくてはと焦っているのかもしれません。

次ページ:人物別「嫌われる相手」で紐解く夢の意味

お役立ち情報[PR]