お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】好きな人が夢に出てくる31の理由

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

好きな人が夢に出てくるのは両思いの予兆? スピリチュアルな夢占いから分かる、好きな人が夢に出てくる理由を占い師のみくまゆたんさんが解説。目が合う、告白される、付き合うなどのシーン別に夢の暗示を紐解きます。

夢の中に好きな人が出てくるのはうれしいものです。

夢占いにおいて、好きな人は両思いや恋の進展などポジティブな意味を表すケースが多いのも事実。

ただし、時と場合によってはあなたの気持ちが強すぎるあまり、一方通行、ストレスなどマイナスな意味を持つパターンも……。特に、好きな人が病気になるなどネガティブな印象の内容には、夢占いでも悪い暗示であることが多いので注意が必要です。

そこで今回は、「好きな人の夢」について、ポジティブな印象、ネガティブな印象の内容に分けて、シーン別に意味を紹介します。

目次

好きな人が夢に出てくる理由とは?

夢の中の好きな人は、あなたの恋心を象徴しています。

これは、あなた自身の相手を思う気持ちが高まっていることの暗示。また、この夢を見た時は、相手も少なからずあなたを意識している可能性が高いので、積極的に声をかけることで関係が進展しやすくなります。

毎日夢に出てくる場合は?

特に毎日のように好きな人が出てくる場合は、四六時中相手を思うほど、頭の中がいっぱいな状態になっています。しかし、それほどにあなたの気持ちが重すぎると、少しずつ距離を置かれてしまうなんてことも……。

この場合は、恋愛以外に趣味を持つ、資格勉強をするなどして、気持ちを発散させることの大切さを夢が伝えています。

また、あなた自身の日々が充実することでどんどん魅力的になり、相手の目にもあなたの存在がすてきに映ることでしょう。

次ページ:ポジティブな印象のシーン別「好きな人の夢」の意味

SHARE