お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

劣等感が強い人の特徴とは? 原因と苦しい時の対処法【診断付】

小日向るり子

劣等感の意味とは? 劣等感を抱く原因を心理カウンセラーの小日向るり子さんが解説。苦しい時の対処法を恋愛・仕事・友達との関係といったシーン例を挙げながら紹介します。

劣等感とは「人と比較して自分が劣っているという思い込み」のことです。

「どうせ自分なんてあの人のように○○ではないし」など、いつも他人と比較して自分を卑下している人、あなたのまわりにいませんか? 「自分がそうだ……」と思う方もいるかもしれませんね。

この思い込みは、内側に向くと自己嫌悪や自虐となり、外側に向くと他者への攻撃や嫉妬になります。そう聞くと、劣等感って良くないなあと思うかもしれませんが、見方を変えると劣等感があるからこそ向上心が芽生え成長できるということ。

ですから、一概に劣等感を持つのが良くないとはいえません。

今回は、この「劣等感」という感情を掘り下げ、それが悪い側面として出てしまっている場合にどうしたらポジティブなものに変えていけるのか、心理カウンセラーの観点から説明したいと思います。

劣等感とは?

そもそも劣等感とは、どんな言葉なのでしょうか。その意味をひも解いていきましょう。

劣等感の読み方や意味

劣等感と書いて読み方は「れっとうかん」。その意味は、「自分と他人を比べ、自身が劣っていると感じる気持ち」を指します。

劣等感を抱くと、自信がなくなったり、不安になったり、無気力になったり、虚しさを感じたりすることも。それがバネとなって力を発揮できるパターンもありますが、多くの場合、ネガティブな感情へと引っ張られてしまうでしょう。

劣等感の類語

劣等感を言い換えると、こんな類語が挙げられます。

・劣勢感
・引け目
・コンプレックス

最も意味をイメージしやすいのはコンプレックスではないでしょうか。コンプレックスはさまざまな意味を持つ言葉ですが、日本では特にコンプレックス=劣等感のニュアンスで使われます。

劣等感の対義語

劣等感の対義語として挙げられるのは、優越感でしょう。

優越感の意味は、「自分と他人を比べ、自身が優れていると感じる気持ち」です。

優越感を抱き、気持ちの良さを感じたことはないでしょうか。ネガティブな方へと向かう劣等感に比べ、優越感は自信や全能感といったポジティブな感情を引き起こしてくれるものでしょう。

次ページ:劣等感を抱きやすい人の特徴

SHARE