お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

自己嫌悪の意味って? 自分が嫌いな人の心理と克服法

高見綾(心理カウンセラー)

「自己嫌悪とは何か」を心理カウンセラーの高見綾さんが解説。自己嫌悪に陥る心理や原因、自分が嫌いになる感情の克服方法を紹介します。

理想と現実にギャップがあって思うようにいかないことが続くと、「なんで自分はこうなんだろう……」と自己嫌悪に陥ることがありますよね。

自分を嫌っているとき、私たちはひどい気分になります。

また自己嫌悪の状態にあるとき、人間関係や恋愛がうまくいかないなど弊害も生まれてくるもの。この負の感情、できれば手放していきたいですよね。

そこで今回は、自己嫌悪に陥る心理や、その克服方法について解説します。

自己嫌悪とは「自分のこと嫌う感情」

自己嫌悪は文字通り、自分のことが嫌いだという感情です。

こうありたいと思い描いていた理想と、現実にギャップがあるときに生まれます。劣等感を抱いて自分のことが愛せなくなるのです。

自分を責めて嫌な気分になり、そんなふうに自己嫌悪してしまう自分をさらに嫌ってしまう悪循環に陥るケースも多くあります。

あなた大丈夫? 自己嫌悪診断

以下の項目に当てはまる人は、自己嫌悪に陥りやすい性格をしている可能性があります。チェックしてみてくださいね。

□完璧主義である
□責任感が強い
□向上心がある
□努力家である
□理想が高い
□「自分はこんなものじゃない」と思っている
□人から褒められても素直に受け取れない
□人からどう評価されているか気になる
□自己評価が低い

次ページ:自己嫌悪に陥る心理とは?

お役立ち情報[PR]