お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

占い専門家 生活

【夢占い】温泉の夢を見る理由! 旅行、宿などシーン別分析

マリィ・プリマヴェラ

温泉の夢を見たことはありますか? 温泉の夢を見たら、ストレスがたまっていることの証といわれています。温泉に入る、温泉旅行に行く、温泉宿に泊まる……。さまざまなシチュエーションでの温泉の夢の暗示を、占い師のマリィ・プリマヴェラさんに状況別で占ってもらいました。

日々の忙しさから逃れて温泉でゆっくりしたいという気持ちになることはありませんか。そのように温泉の夢が示すのは、「ストレスからの解放」。

けれど、これはあくまでも夢占いの原則であり、お湯の状態、誰と入っていたかなど状況によって夢の解釈はさまざまです。その状況をひとつずつピックアップし、夢が伝えてくれる意味を探っていきましょう。

温泉の夢が象徴するのは「ストレス、心を開放する必要」

夢占い 温泉

温泉は心身をくつろがせる場所であることから、温泉の夢は癒やしを意味します。ですから温泉の夢を見たら、ストレスがたまっていることの証。心を解放する必要があることを伝えているのです。

そんな意味があるので、凶夢というわけではありませんが、決して吉夢とはいえず、警告の意味が込められた夢と考えていいでしょう。

一方、温泉は温かい「湧き水」であるという部分にスポットを当てることもできます。澄んだ水は財運の象徴。温泉の夢は、豊かな財産を手にする予兆と捉えることもできるでしょう。

また、水は生命力や再生力を暗示する場合もあり、いずれにしても吉夢といえます。夢の状況に合わせて解釈をしていくといいでしょう。

次ページ:温泉に入る夢が暗示するものとは?

お役立ち情報[PR]