お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

人間不信な人の特徴と克服方法! 人が信じられない状態を治すには?

浅野寿和(心理カウンセラー)

裏切られたり、挫折したりしたとき、他人が信じられないと悩み苦しむことはありませんか? この記事では、人間不信の原因から克服方法まで、心理カウンセラー・浅野寿和さんに解説してもらいました。

人は誰かに裏切られたとき、「人が信じられない……」という思いを抱えがちです。

この不信感は、もうこれ以上つらい思いをしたくないという心のサイン。

心の悲鳴をどう受けとめ、人を信用できるように改善していけばいいのでしょうか?

今回は、人間不信に陥ってしまう原因や人間不信な人に見られる特徴、克服方法について、心理カウンセラー・浅野寿和が解説します。

人が信じられないこと、ありませんか?

人は誰しも、ささいなきっかけで人間不信に陥ってしまうことがあります。

自分なりにがんばる意欲を持っている人ほどうまくいかなかったとき、大きなトラウマとなり人間不信になりやすいこともあるかもしれません。

人間不信の原因について、詳しく見ていきましょう。

人間不信の原因1:浮気・いじめなど、裏切られた経験がある

自分が信じていた人に傷つけられると、どうしてもつらい気持ちになりますね。

いじめや浮気などの経験はそういった心の傷を残しやすいもの。

特に自分に悪意がなかった場合、どうすれば傷つかずにいられるのかわからなくなることも少なくありません。

もう二度とあんな目に合いたくないと思えば、自分を守るために人に対して不信感を持つようになります。

人間不信の原因2:大きな失敗・挫折を経験したことがある

今までに大きな失敗・挫折を経験したことがある人の中にも、人間不信に陥る人がいます。

自分の失敗や挫折経験を人に知られることを怖れてしまうことはある意味仕方がないことですが、自分を隠すために人を疑い近づかないようにしてしまうと、さらに不信感が増してしまうでしょう。

人間不信の原因3:期待に応えられず苦しかったことがある

親や周囲からたくさん期待された経験があり、うまく応えられていないと思っている人ほど人間不信になる可能性があります。

自分なりに努力して期待に応えようとした人ほど、期待に応えられなかったことに対して周囲に申し訳ないと思い、その心苦しさと自分への失望感から人を信じることに怖れを感じ、次第に人間不信になる人もいます。

次ページ:人間不信な人の特徴

お役立ち情報[PR]