お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
占い専門家 働き方

向いている仕事も! 手相で「仕事運」を見る方法【手相占い】

紅たき(占い師・コラムニスト)

働いていたら気になるのが「仕事運」。実は仕事運も手相で占えます。仕事で成功するかどうかだけでなく、自分の適職まで手相から読み解くことができるのです。占い師・コラムニストの紅たきさんに、詳しく解説してもらいました。

仕事運をアップさせる手相の書き方

自分にはいい手相がない……と諦めないでください。仕事運をアップさせるためには、手相を自分で書き足すという手もあります。

仕事を充実させるために、手相を書いて仕事運を高めていきましょう。

仕事運をアップさせる手相の書き込み方3選

仕事運アップには、ブルーの水性ペンで描くといいでしょう。

四角形のマークを書く=出世する

四角形のマークを書く=出世する

出世したいなら、人差し指の付け根にあるふくらみの部分に、四角形を書きましょう。

この部分は木星丘といわれており、四角形のようなラッキーサインがあると社会的に成功するといわれています。

開運線を書く=独立する

開運線を書く=独立する

独立や開業を考えている人は、生命線の途中から薬指に向かって伸びる1本線を書き足しましょう。

この線は「開運線」と呼ばれ、人生の新たなスタートにおいて成功をもたらす相なのです。

今までの努力が実り、新しい事業がうまくいくでしょう。

運命線をくっきりなぞる=適職を見つける

運命線をくっきりなぞる=適職を見つける

仕事運は運命線に深く関係しているので、運命線の状態がよければ、仕事はうまくいきます。

仕事に満足していない人は運命線が薄く細い場合が多いです。また転職を繰り返す人は運命線が途切れ途切れになっています。

自分にぴったりの仕事を見つけたい人は、運命線を濃く太く、長くなぞって描きましょう。

心身を健康に保ち、仕事運をパワーアップ!

自分に仕事運のいい手相はありましたか?

いい手相がない、仕事運がいまいちな手相があったとしても落ち込むことはありません。

手相は刻一刻と変わっていくもの。現在の手相のみで一喜一憂はしないでください。

どうしても気になる人、今すぐ仕事運アップしたいと思う人は、最後に紹介した「手相を書く」ということにトライしてみてください。

(紅たき)

「手相占い」をもっと見る

お役立ち情報[PR]