お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

この人と結婚する! 運命の人を直感する瞬間8パターン

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

結婚相手に「運命を感じた」「この人と結婚すると直感した」という人は、実は多くいます。あなたが今抱いている直感も、信じてみてもよいものかもしれません。実際に既婚者にとったアンケート調査をもとに恋愛コラムニストのひかりさんに解説してもらいます。

既婚者の中には、相手に対して「この人と結婚するかも!」といった直感があって結婚に至った人たちが多くいるようです。

そういう人は、何を感じ、相手を“運命の人”だと思ったのでしょうか? 実際の既婚者の声を参考にすることで、あなたも運命の相手を見極められるかもしれません。

相手との結婚を直感した人は、どの程度の割合でいるのでしょうか? また、運命の相手だというのは、どのような瞬間にわかるものなのでしょうか? 20~30代の既婚男女にとったアンケートでは、こんな結果がありました。

運命の人! 「この人と結婚するかも」と感じる瞬間とは

アンケート結果から、日常の中で「この人と結婚するかも」と運命を感じる瞬間の例をご紹介します。当てはまる男性がいるのなら、その人は近く結婚相手になる人かもしれません。

(1)否応なく惹かれた

・「ビビッときた」(女性29歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「直感」(男性38歳/その他/販売職・サービス系)

よく、出会った瞬間に「ビビビ! ときた」なんていわれるのが、このケースです。第六感が働いただけではなく、現実に自分が思い描いていたような理想通りの異性が現れると、「運命の人だ」と思うことは多いでしょう。

(2)出会ったときに懐かしい感じがしたから

・「初めて会ったときになんとなくこの人と結婚するんだろうなぁと思ったし、生活が描けた」(女性32歳/情報・IT/技術職)

・「初めて会ったときに、初めてな感じがしなかった」(男性33歳/自動車関連/その他)

スピリチュアル的にいえば、前世でもつながりがあった相手と出会うと懐かしい感じがするようです。そういう相手は、生まれてくる前から出会うことが運命として決まっていたのかもしれません。

(3)共通点が多い

・「やさしかったし、趣味が一緒だったから」(男性33歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「考え方が似ていた。どうしても嫌なことは絶対しなかった。食べ方が好きだった。この人とならずっと一緒にご飯を食べたいと思った」(女性31歳/生保・損保/事務系専門職)

同じ趣味を持っていたり、出身地が同じだったり、共通の知り合いがいたり、職業が同じだったりと、ほかの人に比べて共通点が多いと、なんとなく運命を感じてしまうのです。

実際に、似ている点が多いと親近感を覚え、心の距離を縮めやすいので、恋愛に発展しやすいです。

(4)自然体の自分でいられる

・「2人でいるときに無言でいても苦にならなかった」(男性39歳/商社・卸/営業職)

・「居心地がいい」(女性33歳/医療・福祉/専門職)

結婚する相手とはひとつ屋根の下でともに暮らすことになるので、やはり一緒にいて楽な相手がいいですよね。逆をいえば、理想を押しつけてきて、“自分らしさ”を失わせる相手とは一緒にいられません。

そのため、お互いに“自分らしく”いることを認め合えるような居心地のいい相手と出会うと、「この人となら、結婚してもいいな」と思えてくるものなのです。

(5)笑いのツボが一緒

・「一緒にいて 楽しいし 笑うポイントが同じ」(男性39歳/その他/販売職・サービス系)

・「趣味や価値観、笑いのツボ、生活リズムが合ったから」(女性26歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

毎日の生活の中で「笑い」を重視する人の中には、笑いのツボが同じ人が現れると、運命を感じることがあります。

「笑い」とひと言でいっても、自虐的な笑い、ドタバタ的な笑い、ひねりのある知的な笑い、ダジャレなどもさまざまな種類があります。何に対しておもしろいと思うのかは、その人の本質の部分に深くかかわってくることも多いもの。

たとえば心やさしい人は、差別的な笑いはおもしろくないと感じます。好きな笑いが似ている人は、本質的な部分が似ているともいえるのです。

(6)結婚したいタイミングが合った

・「付き合いはじめたときが結婚適齢期だったから」(女性32歳/その他/その他)

・「いろいろとタイミング合った(男性33歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

結婚にはタイミングが大切です。

自分が結婚したいときに相手には結婚願望がなかったりすると、どんなに好きでも結婚して結ばれることは難しいものです。

逆をいえば、自分が結婚したいときに、結婚願望のある異性でお互いに理想に近い相手に出会うと、運命を感じやすく、結婚にもつながりやすくなります。

(7)育った生活環境が似ている

・「自分の親、親戚、友だちに気配りができてた」(男性36歳/自動車関連/事務系専門職)

・「生活の感覚が似ていたから」(女性28歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚をリアルに想像し考えるようになると、「一緒に生活しても違和感のない相手」を探すようになってきます。

そんなときに、育った生活環境が似ている相手に出会うと、「この人とならともに生活ができるかも」と感じ、結婚を意識しやすくなります。

たとえば、「家族団らんを重視した家庭」で育った人と「家族それぞれが好きに行動する家庭」で育った人とでは、思い描く家庭像がちがうこともあります。自分が育った家庭と同じような形を双方が望むようになってしまうと、一緒に暮らすのは難しくなってくるでしょう。

(8)結婚に対する理想や価値観が似ている

・「お金に対する価値観が同じ」(男性37歳/学校・教育関連/専門職)

・「金銭感覚や仕事への取り組み方で共感、尊敬する部分が多かったから」(女性28歳/建設・土木/技術職)

結婚について本気で考えるようになると、「どんな人となら一緒に暮らせるのか?」を考えるようになります。

金銭感覚や生活レベル、休日の過ごし方、親との付き合い方など、ともに生活をするにあたり、自分にとっての「これだけは譲れないもの」もわかってくるはずです。

自分が叶えたいことがより多く叶えられそうな“条件のいい相手”に出会うと、「この人こそ、結婚すべき相手なのだ」と運命を感じるでしょう。

次ページ:運命の人は2パターンある

お役立ち情報[PR]