お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

アラサーの恋愛がうまくいかない「本当の理由」

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

年齢を重ねるごとに「恋愛がうまくできない!」と悩むことはありませんか? 今回は、アラサー女性の恋愛がうまくいかない理由について、リアライフカウンセラーの藤本シゲユキがその本質を分析します。

結婚したいのに彼氏すらできない、男性と付き合うまでのハードルが高くなった、彼と時間が合わない……。

「アラサーになってから恋愛がうまくいかなくなってきた気がする」そんなお悩みを抱える女性は多いかもしれません。

今回は、「アラサーの恋愛がうまくいかない本当の理由」について、リアライフカウンセラーの藤本シゲユキがお話させていただきます。

悩む原因は「男性のことが理解できていないから」

恋愛に躓くアラサー女性は、一体どんなことに悩んでいるのでしょうか。

数多くの女性をカウンセリングしてきた中で一番多かったのは、「目の前の男性のことがまったく理解できていない」というケースです。

これには2つのパターンがあります。

パターン1:「自分」目線での恋愛

ひとつめは、恋愛におけるすれちがいを「自分軸」に紐づけて考えるというもの。

うまくいかない理由を勝手に自分のせいにする

相手には相手の大切にしている人間関係や趣味、仕事などがあるのに、会えなかったり連絡が取りづらかったりすると、「自分に何か問題があるのではないか?」と思い込んでしまう女性ってものすごく多いんですよ。

そうやってなんでも自分に紐づけて考えてしまうせいで、どんどん相手のことがわからなくなっていき、勝手に恋愛をややこしくしてしまうわけです。

「好きならしてくれるはず」という自分本位

ほかにも、恋愛中は彼氏のことで頭一色になるような女性は要注意。一番優先しているものが恋愛なので、相手もそうにちがいないと勝手に決めつけている場合もあります。

こういった女性は、「好きだったらふつう○○してくれるはず」という女友だちの言葉を信じているケースが多いので、「なんで私のことを優先してくれないんだろう」と常に思っていることも。

厳しいようですが、自分のことしか考えてないから、相手のことがわからなくなるのは当然なんですよね。

パターン2:恋愛HOW TOの鵜呑み

2つめは、恋愛に関する書籍やコラムが乱立しているので、そこに書かれている情報を鵜呑みにしている女性が多いということ。

恋愛指南書がすべて正しいわけじゃない

現代では、恋愛をうまくいかせる方法をネットで調べたら、いくらでも情報が出てきますし、恋愛指南書もかなりの数が出版されています。

しかし僕から言わせると、それらに書かれている情報がすべて正しいものではなく、むしろまちがった情報や正しくても浅すぎる内容しか書かれていないことが多いように思うんです。

「男とはこういう生き物」というひと括りはダメ

その中でも諸悪の根源ともいえる情報が、「男とはこれこれこういう生き物である」という類のもの。

こういった情報を鵜呑みにすると、目の前の男性のことをひと括りにして見てしまうので、鵜呑みにすればするほど相手のことがわからなくなっていきます。

断言しますが、100人いたら100通りの男性が存在するので、全員が全員、同じケースに当てはまるわけがありません。もし当てはまるのだとしたら、みんな同じような性格になってしまいます。

以上のことから、「すれちがいの原因を自分に紐づけて考える」「男性をひと括りにして見ている」女性ほど、目の前の男性のことが理解できず、自分で恋愛をうまくいかなくしているというわけです。

次ページ:20代前半までの恋愛とのちがいは?

お役立ち情報[PR]