お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

きっかけは何? 「結婚に繋がる出会い方」ランキングTOP5

Kana(恋愛・婚活ライター)

「婚活への焦りはあるけど、まわりに出会いがないから積極的に動けない」

「結婚に繋がる出会いはどこにあるのかな」

あなたはそんなふうに悩んでいませんか?

私も婚活当時は悩んでいました。女性ばかりの職場、男性社員はみんな既婚者、家と仕事の往復だと出会いなんてまったく期待できませんよね。

はじめまして、Kanaと申します。

私は26歳で結婚すると決意したのに、実際に結婚できたのは7年後の33歳のときでした。
こじらせすぎて婚活は失敗の連続! 婚活5年目からはひたすら自分と向き合い、引き寄せ体質を手に入れてなんとか結婚までこぎつけました。

ひとくくりに「出会い」といってもさまざま。出会いの場所を間違えると、私のように婚活に7年もかかる可能性があります。

今回は、「結婚に繋がる出会い」について紹介します。

出会いがないと嘆く女性たちはなぜ多い?

自然な出会いに恵まれるかどうかは、就職する会社によってほぼ決まるといっても過言ではありません。

職場によって左右される出会い

女性ばかりの職場で働けば出会いは皆無、たまたま配属された部署はおじさんおばさんしかいない、そんな状況で生活していても出会いはないですよね。出会いの場に行こうと思っても、仕事が忙しくて余裕がなければそんな気分にもなれない。

「結婚できる人との出会いなんてどこにあるのかな?」と考えているうちに月日は流れていきます。

結婚に繋がる出会いが見極められないスパイラル

それでもがんばって外に出ていけば出会いはあります。

とはいえそれも年齢とともに激減。第一次結婚ブーム(25歳前後)が到来すれば独身の友人は半減。なんとか新しい戦友を作って婚活パーティに出かけても、結婚できないまま第二次結婚ブーム(30歳前後)に巻き込まれれば、もう遊ぶ友人すら見つけるのが難しい。

さらには忙しさにかまけて独り身が長くなると、「あれ? 恋ってどうやってするの?」という境地にまで追い込まれます。

「男の人と仲よくなる方法もわからなくなっちゃった……。好きってどういう気持ち? 何が正解なのかもわからない」

焦って婚活をはじめても、こんな状況では結婚に繋がる出会いなのか、そうでないのか見定めることは困難です。

次ページ:結婚に繋がる出会いと繋がらない出会いの見極め方

お役立ち情報[PR]