お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

毒親持ちは結婚できない? 婚活が難航する理由

仁科友里

こんにちは、ライターの仁科友里です。

最近は毒親という言葉がだいぶ一般化してきたように思いますが、毒親のもとに育つことで経験する、しなくていい苦労のひとつが、婚活だと思います。

毒親と婚活にどんな関係があるのか? と思う人もいるでしょうが、大アリです。

スムーズに結婚する2大ポイントは「適度な自信」と「クセの少ない思考回路」ですが、毒親とは子どもたちの自信を破壊し、思考をゆがませる存在だからです。

それでは、毒親持ちは結婚ができないのかというと、決してそうではありません。

たとえば、日本の毒親ブームの火付け役、漫画家・田房永子さんや、元TBSアナウンサー・小島慶子さんも毒親持ちであることを公言していますが、結婚して家庭を築かれています。

少しのコツがいることは事実ですが、毒親持ちでも結婚はもちろん可能です。今日はその方法について、考えていきましょう。

婚活における毒親とは

『毒になる親』(講談社文庫)の著者、スーザン・フォワードによると、毒親の定義のひとつとして、「子どもに恐れを植えつけて支配しようとする親」と書いています。毒親に関して興味のある人は書籍を読んでみてください。

それでは、婚活における毒親とは何かについて考えてみましょう。

婚活毒親とは、「うまくいかない前提で話す親」を指すと私は思っています。

親御さんが子どもの結婚に対して、心配したり、やきもきするのは当然のことで、口をはさむ権利は十分にあるでしょう。しかし、毒親は「心配する」ふりをして、子どもに“不安”を与えることしかしません。

たとえば、あなたに交際して1年になる彼氏がいたとします。健康的な思考回路を持つ親御さんであれば、

「彼氏とはどうなの?」
「結婚の話はしてるの?」

というような質問の仕方をするでしょう。

しかし、こういうとき、毒親は

「結婚の話は、まだ出ていないの?」
「それって遊ばれているからなんじゃないの?」
「付き合ってる意味あるの?」

といった具合に、子どもの心に不安の種を植えつけていきます。

結婚願望のある独身女性は、「私は結婚できるのかな」という漠然とした不安を抱えているもの。ホルモンバランスや友だちの結婚といった出来事に反応して、その不安が強くなったり、弱くなったりしていると思います。

毒親と一緒に暮らしている場合、体調面や友だちの関係にプラスして、日常生活で不安心を無駄に刺激されていますから、不安はどんどん強くなる一方です。

次ページ:結婚できない? 毒親持ちの婚活が難航する理由

お役立ち情報[PR]