お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

きっかけは何? 「結婚に繋がる出会い方」ランキングTOP5

Kana(恋愛・婚活ライター)

結婚に繋がる出会いの場ランキングTOP5

では、具体的にどんな出会いの場に行けば結婚の目標に近づけるのでしょうか。ここでは、「結婚に繋がる度」が高い順に紹介していきます。

第5位「合コン」

私の経験上、合コンで結婚に繋がる出会いがあるかを考えると、確率としては高くないと思います。

しかし、合コンで結婚に繋がる出会いがないわけではありません。

ポイントは、“誰が主催者なのか”ということ。主催者が、真剣に婚活をしていることを配慮して人を集めてくれれば、その出会いは貴重なものになるはずです。

けれど、深く考えていなければ、遊び目的や軽い気持ちで参加者が決まることになります。

私自身も現在、友人に合コンを開催する機会がありますが、結婚に対して真面目に考えている人しか集めません。合コンに参加する場合は、主催者にあなたの思いが伝わっているかどうかが成功のカギです。

第4位「趣味・オフ会」

共通の趣味や、オンライン上で繋がっている方たちが開くオフ会に参加するというのも有効な手段です。

共通の趣味があるから、普段は人見知りの方でも自然に話すことができます。

私の友人もオフ会で出会った9歳年下のイケメン男性と38歳のときに結婚しました。「共通の趣味、恐るべし」と当時驚いたのを覚えています。

第3位「紹介」

私は友人からの紹介で今の夫と出会いました。

といっても出会いは偶然で、当時付き合っていた彼に浮気をされ、やけ酒を飲みに行ったお店で友人の知り合いだった夫にさんざん愚痴を言ったのがはじまり。そこでは「結婚したい!」と連呼するという大失態をおかしていたのですが、友人がうまくまとめてくれ、付き合って1年で入籍となりました。

紹介のいいところは、お互いを知っている友人が、性格や嗜好を理解したうえで相手を決めてくれるところ。

うまくいくときはトントン拍子に話が進みます。紹介をしてもらえるならぜひ活用してくださいね。

第2位「婚活パーティ」

お笑い芸人の横澤夏子さんは婚活パーティに通い、今の旦那さまと出会われたそうですね。

そういえば友人も、婚活パーティでいつのまにか相手を見つけて結婚していきました。私も結婚まではいかなかったものの、ハイスペ男性と結婚前提のお付き合いをしたきっかけが、この婚活パーティでした。

婚活パーティは結婚相談所が主催するものから、気軽に出会える大人数のパーティまでたくさんの種類があります。年齢や年収が設定されているもの、趣味などで繋がるものなどがあるので、興味のある形式を探してみてください。

第1位「婚活サービス」

結婚に繋がる出会いの場NO.1は、婚活サービスを利用することです。

結婚相談所、婚活サイト、婚活アプリなどのサービスを利用する方は年々増えており、成婚率も高いです。

「就活が終わったら婚活」とまでいわれはじめている昨今。こういったサービスを利用することへの抵抗感がなくなってきています。

私自身も婚活アプリはフル活用し、複数の結婚相談所へ訪問しました。婚活アプリで出会った男性と合コンを開催したところ、何組かの友人が先に結婚していったことも……。

婚活サービス最大のメリットは、自分の生活圏では知り合えないような方と出会えることです。しかも男性には結婚願望がある。

結婚相談所に対してさまざまなイメージを持つ女性は多いと思いますが、今では仕事に忙しいハイスペ男性が効率よく出会うためのツールとして利用することも多くなってきているそうです。

婚活サービスは基本的に結婚を考えている方が利用するもの。したがって、お付き合いから結婚までの期間が短いのも特徴です。

また、コミュニケーション力に不安があり、パーティや合コンが苦手な女性にもおすすめです。

結婚に繋がる出会いから最短で結婚する方法を伝授

最後に、結婚に繋がる出会いから最短で結婚する方法をお伝えします。

Point!
1.結婚できる人が集まる場所に行くこと
2.結婚できる人としか恋愛しないと決めること
3.お付き合いの際に結婚の意思確認をしておくこと(次に付き合う方と結婚を考えている旨を伝えたうえでお付き合いをする)

この3点を守っていれば、結婚の意思がない男性と出会う可能性も低くなり、ズルズル付き合って1年、2年と時間を無駄にすることはありません。

実はこの方法、彼氏がいないところから1年以内にスピード婚をした友人から譲り受けた婚活方法です。私も実践して結婚できました。

女性にとって一番大切なのは時間です。

1日でも早く幸せな結婚ができるよう応援しています。

(kana)

お役立ち情報[PR]