お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

この人と結婚する! 運命の人を直感する瞬間8パターン

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

結婚相手に「運命を感じた」「この人と結婚すると直感した」という人は、実は多くいます。あなたが今抱いている直感も、信じてみてもよいものかもしれません。実際に既婚者にとったアンケート調査をもとに恋愛コラムニストのひかりさんに解説してもらいます。

運命の人は2パターンある

実は、ここまで紹介した「この人と結婚するかも」「運命の人かも」と感じた瞬間は、大きく2つのパターンに分かれます。それは、「感情(愛情)で結婚すると思うパターン」と、「理性で結婚すると感じるパターン」です。

否応なく惹かれる相手に出会ったタイミングで、「この人こそ、運命の人だ」と思うこともあれば、そろそろ結婚したいなと思うタイミングのときに出会った、条件が合う人のことを「結婚する運命の相手だ」と感じる場合もあるのです。

パターンによって“運命の人”の意味合いも変わってきます。

恋愛の延長線上に結婚があるパターン

・「感情(愛情)から結婚したい」=相手のことを好きでずっと一緒にいたいからという「恋愛の延長としての結婚願望」

ー運命の人=否応なく惹かれてしまう相手

人生設計を立てる中に結婚があるパターン

・「理性から結婚したい」=自分の状況や年齢を考慮して、そろそろ家庭を持ちたいからという「人生設計からの結婚願望」

ー運命の人=条件が合う相手

次ページ:結婚にはタイミングも重要

SHARE