お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ダイエット

チアシードのダイエット効果と正しい食べ方

関口絢子

01

チアシードはスーパーフードとして知られていますよね。ダイエットや美容のために、食事に摂り入れている女性もいるかもしれません。チアシードには栄養が豊富に含まれていると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。チアシードの栄養や期待できる効果、食べ方について管理栄養士の関口絢子さんに教えていただきました。

 

■チアシードの種類と栄養成分

03

そもそもチアシードとはどんな食べもので、どのような栄養素が含まれているのかについて、関口さんに聞いてみました。

◇チアシードの種類

関口:チアシードはシソ科サルビア属ミント植物の種子で、主にメキシコやペルーなど中南米が原産国となっています。昔マヤ族やアステカ族が食していたとされる、栄養満点のスーパーフードです。チアシードにはブラックとホワイトがありますが、同じ木から摂れるものを選別しているだけで、栄養素的に大きな違いはありません。若干ホワイトのほうが膨張率が高く、食感が柔らかいため人気があるようです。

◇チアシードの栄養成分

関口:チアシードは8種類の必須アミノ酸を含み、「奇跡の植物性たんぱく質」と言われています。また、必須脂肪酸であるαリノレン酸を豊富に含み、食物繊維(水溶性・不溶性の両方)が40%を占めています。そのほかにもビタミンB群、カルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛といったミネラルも豊富です。

次ページ:チアシードのダイエット効果

お役立ち情報[PR]