お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

チアシードのダイエット効果と正しい食べ方

関口絢子

まとめ

チアシードはぷるぷるとした食感で食べやすく、ダイエットやアンチエイジング、生活習慣病予防など、美容と健康に役立つ食品だと言えます。しかし、だからといって多く摂ればいいというわけではありません。乾燥した状態のチアシードで大さじ1杯分を目安に(浸水しているので実際はコップ半分程度まで膨らんでいます)、必ず水に浸して発芽毒を無毒化させてから摂取しましょう。また、チアシードはほとんどが輸入品なので、不要なものが入っていないか、安全基準をクリアしているかどうかを確認してから、購入してくださいね。

(監修:関口絢子、文:ファナティック)

※画像はイメージです

 

関口絢子

 

料理研究家・管理栄養士
インナービューティースペシャリスト

企業やWEBサイト・各種メディアや媒体を中心に、レシピやコラム、企画提案などを行う。毎日続けられる事をモットーに、簡単・おいしい・お洒落、そして美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験を元に執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」にて、「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、一生女性が輝き続けるための食事法を紹介している。

この著者の記事一覧 

SHARE