お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

医師に聞く! 生理中、温泉に入ってもいいの?

尾西芳子

楽しみにしていた彼氏や友だちとの温泉旅行。こんなとき、ピンポイントで生理がやってきてしまったら……。本当に憂うつな気分になりますよね。経血量が少なければ大丈夫なような気もするけれど、そもそも生理中は温泉に入ってもいいの? 今回は、そんな疑問について、一般女性の意見と産婦人科専門医の尾西芳子先生の見解を聞きました。

hote86_tukaretenecyatta15111240_tp_v

■温泉旅行中、生理になったらどうする?

ところで、一体どれくらいの女性たちが温泉旅行中の生理に直面したことがあるのでしょうか? まずは、温泉旅行で生理に悩まされた女性の実体験を見ていきましょう。

◇温泉旅行中、生理になったことはある?

実際、旅行中に生理を迎えてしまった女性の割合とは? まずは女性たちにこんな質問をしてみました。

Q. 温泉旅行中、生理になってしまったことはありますか?

はい(47.7%)
いいえ(52.3%)
※有効回答件数176件

約半数の女性が、運悪くも旅行中の生理を経験したことがあるようです。せっかくの温泉旅行、生理が来てしまっては思う存分楽しめないですよね。みなさん、どのようにして旅行を切り抜けたのでしょうか。

◇温泉で生理が来てしまったエピソード3選

hotel86_koibitorouka20150220232157_tp_v-2

生理になってしまった女性は温泉を諦めたの? それとも入浴した? 温泉旅行中、実際に生理が来てしまったという女性84人に、そのときのエピソードについて教えてもらいました。

☆ひとり寂しく内風呂へ

・「会社の旅行中に生理になってしまい、ひとりで内風呂に入っていた」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「友人と行ったが、ちょうどその日に生理になったため温泉には入れず、お部屋のお風呂に入った」(30歳 /金融・証券/事務系専門職)

☆彼氏との温泉旅行でガッカリ

・「彼氏と行って、結局お風呂に入れなかった」(27歳/自動車関連/営業職)

・「彼氏と行ったとき。温泉は入らずシャワーで済ませた」(24歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

☆タンポンを使って入浴を強行

・「女友だちと行き、なってしまった。初日で少なかったので、タンポンを使い入浴した」(34歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「予定外の生理で困ったけど、温泉を楽しみたかったのでタンポンを利用した」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

せっかくの温泉旅行、やはり「どうしても温泉に入りたい!」と思う気持ちはありますよね。とはいえ、実際に入ってもいいかどうかは別問題。身体への影響やマナー問題など、さまざまなことが頭をよぎるはずです。それらを考えた上で入るか入らないか、行動は人それぞれに分かれる結果となりました。

■生理中、温泉に入ってもいいの?

実際問題、あなたは生理中の入浴をどうしていますか? 温泉施設によっては、生理中の入浴を断る場合もあるのだとか。また、マナーの問題だけでなく、身体への影響も気になるところですよね。さっそく尾西先生の解説を見ていきましょう。

◇生理中の温泉は基本的にはNG

hotel_yubune20150221103906_tp_v-1

基本的に月経中の温泉入浴はNGです。その理由はいくつかあります。

(1)温泉水は雑菌がいっぱい

普段子宮の入り口は硬く閉じていますが、生理時は中の血液を排出させるため、ここが緩んでいます。そのため外からの雑菌が子宮の中に入りやすい状態になっており、大勢の人が使用している温泉への入浴はリスクがあると言えます。

(2)生理中は貧血気味

個人差はありますが、生理中は血液が失われるため貧血や脱水になっています。したがって、温泉で温まるとふらつきなどの脳貧血を起こしやすくなります。

(3)ほかの人へのマナー違反

血液というのは感染症を人に移してしまう可能性があるほか、雑菌が繁殖しやすいので、温泉のお湯に血液が混じるととても不潔です。ほかのお客さんのことも考えて、生理中の温泉入浴は避けましょう。

また、「生理の終わりかけなら大丈夫」と考える方もいるかもしれませんが、上記と同様の理由で基本的にはNGです。生理の終わりかけは子宮の入り口が開いており、その分お湯も子宮に入りやすい状態。さらに、失われた血液がまだ回復していないため、一カ月の中で一番貧血、脱水が進んでいる時期と言えます。そのため、温泉の入浴中はこれらの症状が起こる可能性があります。

◇タンポンをしたまま入ってもOKなの?

基本的にタンポンの有無に関わらず、生理中に温泉に入ることはおすすめしません。ただ、「どうしても」というのであれば、膣の中にお湯が入るのを少しでも減らす効果、逆に血液が外に流れてしまうのを防ぐ効果のあるタンポンを使用したほうが、ましだと思います。

お役立ち情報[PR]