お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

デリケートゾーンのできものの正体とは? 医師が教える対処法

髙橋怜奈

痛い、かゆい、赤く腫れる……。みなさんは、デリケートゾーンにできる「できもの」の症状に悩んだことはありませんか? このできものの正体とは一体何? 今回は、できものができたときの対処法や予防策について、医師の高橋怜奈先生に解説をしてもらいました。

■デリケートゾーンにできる「できもの」の正体とは?

そもそも、デリケートゾーンにできるできものの正体とは? まずは、考えられる事例について、教えてもらいました。

af9920045652w1

(1)毛嚢炎(もうのうえん)

デリケートゾーンの外陰部(毛が生えている部分)にできやすいのが毛嚢炎(もうのうえん)です。これは顔のニキビと同様、毛穴がある部分にできるもの。毛穴にバイ菌が入ることで皮膚が炎症を起こし、発症します。炎症が悪化すると、「皮膚が赤くなる」「触ると痛い」などの症状が見られることも。ただし、かゆみはありません。部位としては、下着でこすれる部分にできやすいできものです。

(2)性器ヘルペス

性器ヘルペスは性行為によって感染します。痛みやかゆみといった症状とともに、赤いブツブツや水ぶくれができたり、皮膚がえぐれた状態になる「潰瘍」になったりするのが特徴。加えて、触った感じではわからないケースが多いです。初めて発症した際には激しい痛みが伴い、その後は性交渉をせずとも疲れたときなどに発症することも。2回目以降の発症では初回よりは痛みが軽減され、軽い痛みやかゆみ程度でおさまることが多いでしょう。座るときやお小水のときに痛みを感じるならば、ヘルペスの可能性が考えられます。

(3)コンジローマ

ヘルペスと同様、コンジローマも性交渉により感染する性病です。症状は特になく、「デリケートゾーンにいぼができた」といった症状で受診される方が多いです。小さないぼがひとつだけできるケースもあれば、何個もできるケースもあります。放置すると、数が増えたり、大きくなったりすることも。かゆみや痛みは特にないのが特徴です。

お役立ち情報[PR]