お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

【皮膚科医監修】アトピーの原因と悪化させない方法

小澤佑美

「アトピー性皮膚炎」と聞いて、乳幼児がかかる病気じゃないの? と思う人も多いでしょう。しかし近年では、大人の患者も増えているのを知っていますか? 今回はアトピーの原因と悪化させないための方法について皮膚科医による解説を元に紹介します。

istock-667798954

■アトピー(アトピー性皮膚炎)とは?

istock-515231316

そもそも、「アトピー」にかかるとどのような症状を発症するのでしょうか。また、子どもと大人とでは、症状に違いがあるのでしょうか? 皮膚科医の小澤佑美先生に教えてもらいました。

◇(1)アトピー性皮膚炎の主な症状

痒みをともない慢性的に繰り返す湿疹がアトピー性皮膚炎の定義です。一般に季節によって症状に波があり、乾燥しやすい冬や春先に症状が出やすいほか、夏場に悪化するタイプの方も多いです。良くなったり悪くなったりを繰り返すので、急にいつもと違う場所が赤くブツブツし、粉を吹いたような状態になることもあるなど、さまざまな症状が見られます。

◇(2)子どもと大人、症状のちがい

アトピーの症状は年齢によってそれぞれ特徴があります。乳幼児では頭、顔からはじまり、体や腕・足に湿疹が現れます。小児期では首や肘・膝に症状が見られます。また、耳たぶに亀裂が入る「耳切れ」も多く見られます。

思春期から大人になると顔・首・胸・背中といった上半身がひどくなりやすい傾向があります。顔が全体的、もしくは局所的に赤くなったり、子どもの頃は腕や足にブツブツとある程度だったのが、強い痒みをともなうしこりとして見られることも。範囲も広がり肌全体が赤黒く、ガサガサした質感になります。長年にわたり皮膚が悪い状態が続くと首や目の周りにシワが寄ったり、眉毛が薄くなることも。目の周りをこすりすぎて白内障を引き起こすこともあります。

次ページ:アトピーになる原因

お役立ち情報[PR]