お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合う前のデートを成功させるポイント ~場所・服装・脈ありサイン~

織田隼人(心理コーディネーター)

「付き合う前のデート」で告白させるコツって?

「付き合う前のデート」を重ねると、必然的に相手からの告白を期待してしまいますよね。相手が告白しやすいシチュエーションを作ることができれば、さらに成功率が上がるはず。 ここでは、男性が告白しようと思うのはどのような瞬間なのかチェックしてみましょう。

付き合う前のデートで男性が告白したくなる瞬間

お互いの好意を確信したとき

・「女性からも好意を持っているのがわかり、関係をはっきりさせたいと思ったとき」(38歳/その他/その他)

・「デートを重ねていくうちに、互いに気が合っていることが実感できたとき」(37歳/学校・教育関連/専門職)

告白するのにふさわしいムードになったとき

・「お互いにムードが上がったとき。たとえば、キレイな夜景を見たときやドライブで家まで送り届けたときなど」(37歳/学校・教育関連/その他)

・「2人きりで邪魔の入らないシチュエーションで、ボディタッチや言葉で反応を確かめていけそうなら告白する」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

居心地のよさを実感したとき

・「一緒にいて楽しめる、安らげる、もっと一緒に時間を過ごしたいと感じたとき」(28歳/その他/その他)

・「これからも一緒にいたい。楽しいから、また会いたいと感じる」(36歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

自分自身の気持ちがはっきりして、かつ女性の好意を感じ取れる瞬間があったとき、告白する決心がつくという男性が多いようです。相手の男性に「これから先」を感じさせることができれば、告白まではそう遠くはないかもしれませんね。

【専門家が教える】デートで男性に告白させるテクニック

(1) 「告白してくれたらOKだよ」と伝える
告白を渋っている男性は告白した際に断られるのを怖がっています。ですので、「告白したら必ずOKします」という意思表示をしておけば告白してくれるようになります。可能性が100%なのであれば、男性としても早く関係をすすめてカップルになりたい、と思っているからです。

(2) 2人きりの場所で手をつないで会話をやめる
告白をするときには、一種の緊張感が必要になります。会話が続いていると告白のタイミングを見失ってしまうものです。告白しやすいよう、2人きりに慣れる場所で、沈黙する瞬間を作るとよいでしょう。そのときに手をつないでいると、相手の男性は愛情を感じるとることができるので、告白へと進みやすいです。

(3) 「私のこと、好き?」と聞く
直球で自分のことを好きかどうかを聞くことで、そのまま告白に繋がる可能性もあります。ただし、好きかどうかを聞くだけだと「好きです」としか言われない可能性があるのでこのままではカップルが成立しません。

「好きです、付き合ってください」と男性が言ってくれれば「私も好きです。付き合ってください」と返せばそれで大丈夫です。男性に「好きです」とだけ言われた場合には「私も好きです」と返しつつ「これでカップル成立だね」とカップルが成立したことをその場で宣言してしまうとよいでしょう。

次ページ:「付き合う前のデート」で注意すべきことって?

SHARE