お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【専門家が解説】付き合って半年の注意点~記念日やプロポーズなどラブラブに過ごすコツ~

織田隼人(心理コーディネーター)

af9940106561w

付き合って半年、人によってはラブラブな毎日を過ごしているのではないでしょうか。付き合って半年記念日の祝い方をはじめ、同棲、プロポーズなどこの時期に気をつけたいことをまとめました。男女心理に詳しい織田隼人先生のアドバイス付き!

◆あわせて読みたい↓

■付き合って半年あるある

af9940106618w

交際経験のある男女に、付き合って半年のカップルに起こりがちな「あるある」はどんなことなのか、調査してみました。

<嫌なところが見えてくる>

・「お互いの嫌なところが目につき始める」(男性/26歳/商社・卸)

・「お互いの嫌な所が少しずつ見えてきて、好きだけじゃいられなくなる」(女性/31歳/その他)

付き合った最初の頃は相手のイヤなところも見えないものですが、半年も経つと、どうしても少しずつ見えてますよね。

<マンネリ化する>

・「マンネリ化の時期。仲が悪いわけじゃないけど、特に進展もなく何かつまんないと感じる」(女性/32歳/その他)

・「マンネリ化など。お互いのだらしない部分が気になりはじめる」(男性/27歳/金融・証券)

半年も付き合うと、どうしてもマンネリ化が始まってくる頃のようです。ずっとラブラブのままでは、さすがにいられないのかもしれません。

<結婚を意識する>

・「結婚を意識し始め、先方の両親へ挨拶する姿を想像する」(男性/38歳/情報・IT)

・「結婚を考え始める。自分達の将来を考え始めてくるのがこのぐらいの時期だと感じる」(女性/31歳/その他)

お互いに結婚適齢期だと、結婚を考え始める人も。「この人だ!」と思えることも増えてくるのではないでしょうか。

<慣れてきてトキメキが減る>

・「慣れてきてあまりときめかなくなったりささいなことでイライラしたり」(男性/27歳/その他)

・「慣れてきて、倦怠期を迎えたり、初々しい時期が過ぎて、いることに当たり前になって、自分の気持ちがわからなくなってしまう時期! 一時的に!」(女性/26歳/医療・福祉)

付き合いに慣れが出てきてしまい、相手に対してトキメキが減ってしまうことも、この頃といえそうですね。

<倦怠期を迎える>

・「倦怠期かなー、何もかも新鮮に思えていたことに慣れてきてだれてくる」(男性/29歳/団体・公益法人・官公庁)

・「倦怠期。お互いときめきが減って飽きてくる。嫌いなところも少しずつ見えてくる」(女性/24歳/金融・証券)

半年頃の付き合いだと、初めての倦怠期を迎える頃かもしれません。頻繁に会っているカップルは、新鮮味もなくなり、デートもパターン化してくる頃では。

<連絡が減る>

・「付き合い始めの頃に比べ連絡をとる回数が減って、最初のときはこんなんじゃなかったと揉めがち」(男性/29歳/小売店)

・「メールやLINEの頻度が付き合い始めより減る」(女性/34歳/学校・教育関連)

最初の頃は毎日のようにきていたメールや電話も、だんだんと減ってくるものです。お互いのことを知りつくしてしまうと、話のネタも尽きてきますよね。

★付き合って半年あるあるまとめ

結婚を意識している人がいる一方で、以前よりラブラブ度が低下し、マンネリだったり倦怠期を感じている人がいました。付き合った当初と比べて、変化に不満を抱いている人が多いのかも?

次ページ:付き合って半年記念日、お祝いする?

お役立ち情報[PR]