お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

倦怠期とは? なりやすい時期や乗り越え方、特徴をチェック

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

倦怠期とは、「慣れ」や「飽き」が生じてくる時期のこと。仲の良いカップルでも、大なり小なり、倦怠期を経験するものでは? 倦怠期になりやすい時期として3ヶ月目がよく挙げられますが、他にも気をつけたい時期があります。乗り越え方やチェック方法を、恋愛コラムニストの神崎桃子さんに教えてもらいました。

最初はあっという間に過ぎたデートの時間も、今となっては「盛り上がりに欠ける」「何だか一緒にいてもつまんない」なーんて感じてしまうことない?

下手すると、デート中に相手の顔じゃなくスマホなんかのぞいてたりして……(笑)。

そう、どんなラブラブだったカップルでも、ときめきは次第に失われていく。だって毎回同じことを繰り返せば、誰でも「慣れていく」ものだから……。

好きな相手とたくさん過ごせば過ごすほど慣れてきてしまう。そんな恋の停滞期、つまり「倦怠期(けんたいき)」は誰にでも訪れるもの。

今回はあなたの恋が続くために、それを乗り越える方法をひも解いていきますよ。

「倦怠期」とはどういう時期のこと?

まずは、「そもそも倦怠期とは何か」から説明していくね。

倦怠期の読み方と意味

倦怠期と書いて、読み方は「けんたいき」。辞書で意味を見てみると、「飽きる時期」「嫌になる時期」なんて紹介されてる。

参考記事はこちら▼

「倦怠期」という言葉の意味を詳しく解説します。

倦怠期とは「慣れ」や「飽き」が生じる時期

つまり倦怠期とは、「慣れ」や「飽き」が生じてくる時期のこと。

恋の始まりや付き合い始めた当初は「キュンです」となっても、一緒にいれば新鮮さはなくなり、相手との関係に飽きがきたり退屈になったりしていく。

そんな時期を克服できるカップルもあれば、克服せずに別れてしまうカップルも……。

倦怠期になりやすい時期としてよく挙げられるのは3ヶ月目。だけど、実は他にも気をつけたい時期はある。次のページでは、そんな倦怠期になりやすい時期について紹介していくね。

次ページ:倦怠期になりやすい時期

SHARE