お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「愛してる」と「好き」の違いって? 男性心理や愛してる人にだけ見せる行動

秋カヲリ

「愛してる」と「好き」の違いを説明できますか? 今回は心理カウンセラーの秋カヲリさんに、「愛」と「好き」の違いや「愛してる」と言えない男性心理、男性が愛してる人にだけ見せる行動や態度を教えてもらいました。

「愛してる」と言われると、大切に思われていることが伝わってうれしいもの。

でも、彼氏が「愛してる」と言ってくれないと、物足りない気持ちになることもありますよね。

そもそも「愛してる」と「好き」はどう違うのでしょうか?

それぞれの意味や違い、「愛してる」と言えない男性の心理、愛が伝わる態度や行動まで解説します。

「愛してる」と「好き」の意味とは?

まずは「愛してる」と「好き」の意味を見ていきましょう。

「愛してる」は大事なものを慈しみ、慕う気持ち

「愛」とは、そのものの価値を認め、強く引き付けられる気持ちや慈しむ心、大事なものを慕う心などを意味します。

「愛してる」とは、こうした感情を抱いていることを示す言葉なのです。

「好き」は、心が引き付けられたり気に入ったりする気持ち

それに対して「好き」の意味とは、心が引き付けられたり、気に入ったりする感情のこと。

「愛してる」と被る意味合いもありますが、「好き」がさらに深まった感情が「愛してる」だと言えるかもしれません。

次ページ:「愛してる」と「好き」の違い

SHARE