お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

恋と愛の違いとは? 専門家が教える「恋を愛に育てる方法」

にらさわあきこ

「恋と愛の違い」は、恋愛において永遠のテーマ。人生で一度は「恋と愛の違い」を考えたことがある人もいるのではないでしょうか? 今回は、男性・女性・専門家の視点から「恋と愛の違い」を紐解いてみましょう。

istock-613556140

■男性に聞いた「恋と愛の違い」

男女間には、恋や愛の認識について、深い溝があると言われることも多いもの。この溝が男女のすれ違いとなり、別れの原因となってしまうことも……。悲しい結末を避けるためにも、男性たちの認識を知っておきましょう。男性たちは「恋と愛の違い」についてどう考えているのでしょうか?(※1)

istock-543075540

◇付き合うまでが「恋」、付き合ってからが「愛」

・「片思い中が恋であり、付き合いはじめたら愛」(男性/31歳/機械・精密機器/技術職)

・「片思いが恋で、交際して愛に変わる」(男性/32歳/その他/その他)

・「恋は付き合う前。愛は付き合ったあと」(男性/24歳/建設・土木/営業職)

恋は、相手を好きになった瞬間にひとりでも楽しむことが可能です。しかし愛は、相手がいなければ育めないもの。このような男性意見が目立ちました。

◇今を楽しむのが「恋」、将来を見つめるのが「愛」

・「将来も考えるのが愛。今が楽しいのが恋」(男性/31歳/情報・IT/その他)

・「恋は一時的なもので、愛は時間がかかるもの」(男性/34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「恋は見つめ合っておしゃべりしたいと思うこと、愛は同じ方向を向いて一緒に歩いていきたいと思うことです」(男性/33歳/自動車関連/技術職)

「恋に落ちる」という言葉があるように、恋は一瞬でスタートしてしまうもの。一方で愛は、突然生まれるものではありません。長い年月を経て、大切に育んでいくものが愛だと言われると、より重みを実感してしまいます。

◇限定されているのが「恋」、限定されていないのが「愛」

・「恋は、男女とか限定されたものだと思う。愛はもっと幅が広い。たとえば、親から子に与えるのも愛になる。恋とは言わないでしょ」(男性/33歳/その他/事務系専門職)

・「愛は恋愛だけでなく、母性愛などいろんなところにある。恋は男女2人のこと」(男性/31歳/医療・福祉/専門職)

恋は、恋愛関係にある2人の間でしか使われない言葉。一方で愛は、家族や友人に対しても使うことができる言葉です。家族愛や友愛という言葉はあっても、家族「恋」や友「恋」という言葉は存在しません。なんとなく、違いを理解できる方も多いのでは?

◇下心があるのが「恋」、真心があるのが「愛」

・「恋は下心からはじめる」(男性/29歳/医療・福祉/専門職)

・「恋は下心、愛は真心。心のある場所(相手への思いやり)が大事」(男性/31歳/運輸・倉庫/営業職)

男性から言われると、なんだか説得力がある説明かもしれません。下心だけで相手を求める「恋」のうちは、まだまだ関係が深まっていない証拠。「恋」がたしかな「愛」へと変化してから、2人の関係を進めていくべきなのかもしれません。

★男性の意見・まとめ

男性たちの意見で目立ったのは、「恋は比較的浅く、愛は深いもの」という意見です。表現方法は人それぞれですが、その違いについて、なんとなく理解できた方も多いのではないでしょうか?

次ページ:女性に聞いた「恋と愛の違い」

お役立ち情報[PR]