お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「惚れた弱み」の心理と行動を解説!

ファナティック

01

好きな人ができると「惚れた弱み」で冷静な判断ができなかったり、つい無理を聞いてしまう人も多いようです。惚れた弱みは恋愛関係においてよく使われる言葉ですが、実際はどのような心理状態なのでしょうか。実体験のエピソードも交えて聞いてみました。

(1)惚れた弱みの意味

02

惚れた弱みとは、いったいどのような状態のことを指しているのでしょうか。アンケート調査してみました。

Q.惚れた弱みとは、どのような状態だと思いますか?

・「彼女がほしいものをねだったりしたときについつい買ってあげてしまうこと」(男性/26歳/小売店/販売職・サービス系)
・「自分に都合の悪いことでも、相手の言うことなら優先してしまう状態」(男性/33歳/医療・福祉/その他)
・「惚れてしまってその相手しか見えなくなってしまい、相手の欠点も気にならなくなってしまう」(男性/34歳/医療・福祉/専門職)
・「この人のためならなんでもできると、多少の無理はしてしまうこと」(女性/28歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
・「どんなに最低なことやかっこ悪いところを見せても、呆れつつもそれを受け止め優しくしてしまう。それすら愛おしいと思う」(女性/27歳/その他/販売職・サービス系)
・「わがまま言われても嫌いになれないとか」(女性/33歳/その他/その他)

惚れた弱みでついついなんでも言うことを聞いてしまったり、世話を焼いてしまったりするようです。男女間で大きな違いはなく、どちらも相手の欠点に目をつぶってしまったり、ダメなところがあっても受け入れてしまうようですね。

(2)惚れた弱みで許してしまうこと

お役立ち情報[PR]