お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 デート・カップル

デート代は、割り勘or彼のおごり? 正解はどっち!?

酒豪ガール

こんにちは~! 酒豪ガールです!

今日のテーマはなんと、カップルのデート代のお財布事情について!!

SNSでも定期的に「おごり、おごられ」などの議題で話題になり、その都度、色々な意見が飛び交うなど、みんながかなり気になっているお題だと思います。

それぞれ十人十色、さらにはお相手と自分の収入も関係してきたり、年齢によっても大きく異なると思うのですが、デート代をみんなどうしているのでしょうか。

デート代はどちらが払う?

最近は年齢が若くなるに連れて割り勘のスタイルが多いと聞きます。もちろん付き合っている彼の年齢と収入にもよると思うのですが、基本的に20代前半の男女は割り勘のスタイルが多いようです。

多くのカップルが割り勘をしている現状

22歳~34歳の働く女性を対象にとったアンケートによると以下のような結果が……。

Q.デート代はどちらが払いますか? もっとも近いものを選んでください。

・ほとんど彼(18.8%)
・彼:自分=7:3くらい(38.6%)
・割り勘(37.5%)
・彼:自分=3:7くらい(1.7%)
・ほとんど自分(3.4%)
※有効回答数176件

意外と、彼が多めに払っているという回答がまだ多いようです。しかし、割り勘の比率も昔に比べると多くなっている印象です。
中には、女性が7割と男性よりも多く負担していたり、さらには全額との答えもあり、割り勘が対等でマシ!? と思うほどの結果に個人的にびっくりしています。

アンケートの対象年齢から推測するに、中には彼がまだ学生で、女性の方が先に就職しているケースもあるのではないかと踏んでいます。
男性が20代後半ぐらいになると、やっと経済力がつき金銭的にも見栄を貼りたくなってくるのではないでしょうか?

具体的にどうやって支払ってる?

上記のアンケートで回答した人々の回答をさらに掘り下げて見てみましょう。デート代は払わないというツワモノ女子たちは一体どんな男性たちとお付き合いしているのでしょうか?

デート代は払わない! 「ほとんど彼」

・「ほとんど彼。以前彼の給与面が苦しいときに私がほぼ出していた時期があったので、今はそのお返しにすべて払ってくれていると思うので満足です」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ほとんど彼。大切にしてもらっていてうれしい。彼のほうが圧倒的に高収入だから、お願いしたい」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ほとんど彼。彼氏は見栄っ張りで、お金がなくても払おうとしまってしまうので、逆にやめてほしい」(30歳/機械・精密機器/営業職)

上記の回答をみると、「彼が見栄っ張り」か「彼が自分よりも高収入」のいずれかの場合に彼が全額負担してくれるようです。特に見栄を張るのははやめてほしいとの意見も……。でも確かに、「見栄っ張りの彼」の場合には自分以外にもご馳走してしまうのが目に浮かぶため、彼女としてはかなり嫌かも。

本当は全部払ってほしいけど、「彼:自分=7:3くらい」

・「彼:自分=7:3くらい。最初は全部彼が出してくれていたけど、だんだん自分も出すようになった。不満ではないが好きではなくなったのかと不安」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「彼:自分=7:3くらい。食事代とか大きいものは彼に出してもらって、細かい出費は自分が出す」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「彼:自分=7:3くらい。『男なんだから多く払ってほしい』とかじゃなくて、お金持ってるほうが多く払うべき。世の中助け合いが大事でしょ」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

この割合でお金を払う女性は、お金を払うことは問題ないが、実は全額負担してほしいと思っている人が多いようでした。中にはお金を持っているほうが多く払うべきというご意見も!

デート代の現実は、やっぱりこれ!? 「割り勘」

・「割り勘。相手が自分より大幅に稼いでいるわけではないので、当然だと思います。不満はありません」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「割り勘。私もけっこう稼いでいるので平等でいい。彼に金のかかる子だと思われたくないし、おごられるの嫌い」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「割り勘。本当は全部払ってもらいたいけれど、最近の彼氏がけっこう年下の人ばかりで上手に甘えられなかった」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

対等な関係性でのお付き合いを望む女性に多い傾向ですね。自分も結構稼いでいるという女性や、年下とお付き合いしていて仕方なく……と、割り勘とはいえお相手の男性の収入もさまざまのようですね。
割り勘派はお付き合いの時点で現実を見ているので、結婚だとか将来を考えやすい関係性を築いているのかもしれません。

「彼:自分=3:7くらい」、「ほとんど自分」

・「彼:自分=3:7くらい。不満! でも彼はキャリアチェンジのためお金を貯めている状況なので、仕方ないと思うようにしている」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ほとんど自分。彼氏が学生で、まったく稼いでいないので。不満だが、将来返してくれると信じて今はおごっている」(22歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ほとんど自分。一緒に暮らしていて、自分がデート担当なので。正直、きついし不満である」(32歳/生保・損保/営業職)

自分の方が多く払っているという女性も少なくない結果となりました。ただ結構不満を持ちながら仕方なく支払っている女性も多数のよう。将来のことなどで支払いをお願いできない女性が多いようです。

次ページ:現代において「デート代を払わない女」はありなのか

お役立ち情報[PR]