お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【良縁遠ざけ女子】“お願い”こそが美徳!? 「完璧主義」が恋の障害となってしまうワケ

にらさわあきこ(文筆家、美容研究家)

「幸せな結婚につながるような恋愛がしたい!」と思っていても、なかなか「いい出会いがない」と嘆いている女性は少なくないはず。もしかしたら、自分では気がつかないうちに、出会いのキッカケを逃してしまっているのかも……。そこで、恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんが、「良縁を遠ざけてしまうNG行動」を毎回ご紹介。解決のヒントをチェックして、素敵な異性を引き寄せる女性へと近づいて♪

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「完璧主義だ」

仕事はもちろん、美容も趣味も、なんなら女子会の仕切りも完璧に行えるのに、恋だけはうまくいかないとお嘆きの女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。完璧を目指すのは素敵ですが、恋愛に限っては完璧さこそが障害になってしまうことが多いのも事実。今回は「完璧主義者」さんの恋愛対策について取り上げます。

●完璧主義は、とにかく「隙がない」

まず完璧主義で何がいけないのか? ひと言で言いますと「隙がない」ことに尽きるでしょうか。だって恋とは2人で行う共同作業のようなもの。なのに、ひとりでなんでも行なっては、共同作業者たる男性の入り込む隙がありません。もちろん、ひとりで完璧に行いたいと思う気持ちはとても素敵です。でも恋においては、「人にものを頼めるほうが、より完璧なのだ」という情報にバージョンアップしてほしいと思います。

●頼む癖をつける

では、具体的にどうすべきか。まず、これからあなたが何かをしたいと思ったときには、他人に頼む癖をつけましょう。たとえば映画に行きたいと思ったときに、今までのあなたなら今やっている映画の中でおもしろそうなものをネットで調べて、上映場所をチェックして、さらに近くで立ち寄れそうな素敵カフェを探したかもしれません。そうやって楽しい映画デイのスケジュールがくまなく組めたかもしれませんが、それでは「自立しすぎて」隙がない。

そこで、今後は自分以外の人を頼るようにしてみましょう。たとえば「今、おもしろい映画って何?」と友だちや同僚に聞いてみたり、「近くにあるカフェを探して」と頼んだり。自分で完璧に行うことを「美徳」と考えず、「いかに人に頼めるかこそが美徳なのだ」とシフトしていきましょう。

●お返しよりも「ありがとう」を!

お願いしてからも重要です。誰かに何かをしてもらったら、「ありがとう」とにっこりと笑ってお礼を言うのを意識する。完璧主義者は、自分でなんでも行おうとするだけでなく、人に何かをしてもらうと、「ありがとう」よりも先に「お返しに何かをしなければ」と考えてしまいがちですが、それだと相手への称賛が足りません。

実は、恋においては(特に対男性にお願いするときは)、お返しなんてしないほうがいいのです。してもらったら、その素晴らしさを「ほめたたえること」こそが、男性にとっての「お礼」。何かをしてもらったから、「代わりに、私もこれをしておくね」というようでは、職場であれば「できる同僚」、プライベートであれば「友だち」という立ち位置になるだけ。恋を目標にしたいなら、自分の立派さよりも彼の立派さを際立たせることこそが大事だと心得ておきましょう。

●まとめ:「完璧主義」というあなたへのアドバイス

今後、人にものを頼んだら、「わあ、自分じゃできなかったわ、ありがとう」「○○くんてすごいね」「やさしいね」と行ってくれた人に対して心からお礼を言い、称賛するようにしましょう。そのためにも、まずは「してもらう」習慣をつけること。なお、完璧を目指した過去が悪いのではありません。それをクリアしたからこそ、さらに「他人を認める」「他人の力を引き出す」ステップに来たのだと考えておきましょう。

(にらさわあきこ)

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

★BACKNUMBER★

第21回:「弱音を吐く」ことが、ときに好印象に結びつくワケ
第20回:OKな「元彼への連絡」とNGな「元彼への連絡」のちがいとは
第19回:「外見に無頓着」な女性が、最低限おさえておくべき「オシャレ」とは
第18回:「男性経験がない」ことを、特別なことと考えていませんか?
第17回:“好き”の気持ちを鈍らせる!? 「他人に合わせすぎ」がNGなワケ
第16回:建前はNO! 「デート代」の支払い問題をスッキリさせる考え方
第15回:“自信がない”は言い訳! 大人の恋をはじめる考え方
第14回:“先まわり”はNO! 相手選びで「母親」の影がチラつくあなたへ
第13回:“積み重ね”が大事! 恋の「失敗」に恐れなくなる正しいチャレンジ法
第12回:「ペットを飼う」ことが婚期を遅らせる本当の理由って?
第11回:出会いのチャンスを逃す! 休日は“家”という選択肢がNGなワケ
第10回:誤解しがち? 「運命の出会い」は“ある”ではなく“育む”もの
第9回:恋愛力、下がってない? 「既婚者ばかり好きになる」理由
第8回:出戻りさんは特に危険! 快適な「実家暮らし」に潜むワナ
第7回:本当に必要な「自分みがき」、心得ていますか?
第6回:「体からはじまる関係」が、長期的なお付き合いに繋がりにくいワケ
第5回:あなたがパートナーに求めるその条件、本当に必要ですか?
第4回:「ひとりで何でもできそう」な女性が恋愛で損するワケ
第3回:引きずり中の「過去の恋愛」を克服する、たったひとつの方法
第2回:「待ち」一辺倒はNG! 受け身でも○○はすべし
第1回:「女子会ばかり」=「非モテ」につながるワケ

※この記事は2016年11月02日に公開されたものです

にらさわあきこ(文筆家、美容研究家)

文筆家。NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆活動を行う。未婚男女の実情に迫った『未婚当然時代』(ポプラ新書)や婚活する女性たちを描いた『婚活難民』(光文社)、『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など著書多数。2019年からは美容活動「美活」を積極的に行い、簡単&ラクに綺麗になるための情報を発信中。
インスタ:akiko_nirasawa_beauty
ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!』

この著者の記事一覧 

SHARE