お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

怖っ! 「恋愛マウンティング」する女に恐怖を感じた瞬間・6つ

ファナティック

コイバナをしているとき、相手の優位に立とうとする、いわゆる「恋愛マウンティング」をする女性は、世の中にけっこういます……。こういう女性と会話をしていると、ちょっとした恐怖を感じますよね……。そこで、そんな「恋愛マウンティング女子」に恐怖した経験を、マウンティング被害者の女性たちに教えてもらいました。

彼氏自慢

・「自分の彼氏のほうがカッコいいと、マウンティングしてくるので、彼氏の写メを見せるのが怖くなった」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「常にスペックのいい彼氏自慢をする」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

彼氏のスペックが高くて自慢したくてしょうがないのはわかりますが、聞いている側はうんざりですよね……。自慢をすることで、彼女たちは「自分は恋愛における勝ち組である」と伝えたいのでしょう。

モテるアピール

・「モテるエピソードばかりで、少し否定したら、こんなにモテるのにアピールをしてきた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「経験人数の多さを言ってくる。数は大事じゃないと思うので」(26歳/医療・福祉/専門職)

自らの経験人数の多さを鼻にかけている女性も珍しくはありません。でも、よほど年齢がいっていないかぎり、経験人数が多い=ひとりが長続きしない、ということなんですよね……。

スペック調査

・「相手の旦那や彼氏のスぺックを事細かに聞いている女の子。あるとき、とある女性の旦那さんが医師とわかり、そのときその子は悔しそうな顔になっていた」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「彼の職業について聞かれたので答えたら、『私の彼は~』とマウンティングしはじめた。顔が笑っていないので、とても怖かった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

人の彼氏のスペックを調査し、その結果、自分の彼氏のほうがハイスペックだと判断すると、満足感を得られる女性もいるのです。ただし、ほかの女性の彼氏のほうがハイスペックだと、途端に口を閉じます。

彼氏の有無

・「『彼氏が居るほうが位が上!』と言い放った人を見たとき。位って……と思った」(33歳/不動産/専門職)

・「いつも彼氏いるかとか彼氏とどうとか聞いてくる友だちがいて、怖いと思った」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

彼氏がいるからといって、何がいい、悪い、なんてことは決してないのですが、恋愛に重きを置いている女性たちにとっては、非常に重要なことなのでしょうね……。

羨ましがるように見せて……

・「彼氏いないほうが飲み会とか自由に参加できるからいいよね~って言われたとき」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

彼氏がいないことを羨ましがるように見せて、実は自慢している、という嫌味なタイプもいますね……。こういう人は性格の悪さがにじみ出ています。さらっと無視したいもの。

コイバナ大好き!

・「恋話が大好きで、そればかり話す」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

彼氏の話がしたくてしょうがない恋愛マウンティング女子は、しつこいくらいにコイバナをしたがります。コイバナが好きな女ばかりではないことを彼女たちには知ってほしいですね……。

まとめ

恋愛マウンティングをしたがる女性は、人と比較して、満足感を得たいだけなのです。相手にする必要はありません。もちろん、マウンティングをされて、傷つく必要もないのです。「人は人、私は私」のスタンスを崩さずにいけば、ムダにマウンティングする女性たちよりも、きっと幸せになれますよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~2016年10月11日
調査人数:102人(22~34歳の社会人女性)

※この記事は2016年11月01日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE