お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

【良縁遠ざけ女子】OKな「元彼への連絡」とNGな「元彼への連絡」のちがいとは

にらさわあきこ

「幸せな結婚につながるような恋愛がしたい!」と思っていても、なかなか「いい出会いがない」と嘆いている女性は少なくないはず。もしかしたら、自分では気がつかないうちに、出会いのキッカケを逃してしまっているのかも……。そこで、恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんが、「良縁を遠ざけてしまうNG行動」を毎回ご紹介。解決のヒントをチェックして、素敵な異性を引き寄せる女性へと近づいて♪

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「寂しいと元彼に連絡してしまいがち」

元彼に連絡をしてもいいことはないとわかっていても、寂しいとつい連絡をしてしまう女子のみなさま、こんにちは、「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。「いらないものを捨てなければほしいものは手に入らない」などと言いますが、元彼についてはどうなのでしょうか? 今回は、「寂しいと元彼に連絡してしまいがち」な行動を取り上げてみましょう。

●目的がある場合は問題なし

たとえば失恋直後などに、彼のことが忘れられなくて、つい連絡をしてしまう……というのはよくある話ですよね。傷が癒えるまでは未練から、つい連絡を取ってしまうものですが、こういう場合はいいと思うのです。誰だって、失恋直後は、そもそも新しい出会いに挑戦する気になれないし、なんらかの「癒し行為」は必要だろうと思うから。

そうでなくても元彼とやり直したいとか、友だちになりたいなどの「目的」があっての連絡ならば、いいのです。それらの行動は、今後なんらかの関係を彼と築きたいという「建設的なもの」だから。

でも、彼と「どうなりたいわけじゃないけど、つい連絡をしてしまう」というのならば、注意が必要です。なぜかというと、そうやってあなたが元彼に連絡をしている間にも「現実界」では確実に時が流れているからです。

●現実逃避は何も生み出さない

そう。元彼に連絡をしてしまうという行動は、実は「現実逃避」。その自覚があるのなら、問題はないのですが、無意識に行っているのなら問題視するべきでしょう。なぜかというと、女性にとって元彼は紛れもなく「異性」。だから元彼に連絡するだけでも、なんとなくロマンチックな行動(つまり恋愛活動)をしている気分になってしまう。すると、あなたが本来行うべき「新しい恋を求めてゆくための行動」がおろそかになってゆくのですね。
元彼に連路を取ること自体は、アイドルにファンレターを書いたり、宝塚にときめいたりするのと同じで、禁止すべきものでもないのですが、アイドルにときめくのとちがって、元彼は現実的に接点のある相手。なので、「妄想」であると気づきづらいのが、大きな問題なのですね。

●元彼への連絡は「癒し」に過ぎないと自覚しよう

もちろん、その行動が結果的に復縁に結びつき、元彼とあなたは今後また付き合うことになるかもしれません。または、その行動があなたを落ち着かせて、日々を安定した気持ちで過ごさせてくれるのかもしれません。けれど、あなたが「新しい恋をしたい」と本音の部分で思っているのなら、元彼に連絡をするのは、やはり効率が悪いです。だって、実際のところ、その行動は「恋愛活動」ではないのだから。
ということで、元彼に連絡をするのは精神的な癒しにしか過ぎないとしっかり自覚して、恋を求める活動を現実でもちゃんとはじめていきましょうよ。

●まとめ:「寂しいと元彼に連絡してしまいがち」なあなたへのアドバイス

「元彼との恋」を武器にしよう!
とはいえ、これまでの経験を反省する必要はありません。だって、あなたは過去にしっかりと恋愛をしたからこそ、「元彼」という存在を手にすることができたのです。つまり、元彼は、「目的」にはなりえないけれど、あなたにとっては強い「武器」。何かあったときに、癒しやアドバイスを求めることのできる貴重な存在なのですね。だから、元彼という武器を使って、次の新しい恋はしっかり勝ちにいこうじゃないですか。

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

★BACKNUMBER★

第19回:「外見に無頓着」な女性が、最低限おさえておくべき「オシャレ」とは
第18回:「男性経験がない」ことを、特別なことと考えていませんか?
第17回:“好き”の気持ちを鈍らせる!? 「他人に合わせすぎ」がNGなワケ
第16回:建前はNO! 「デート代」の支払い問題をスッキリさせる考え方
第15回:“自信がない”は言い訳! 大人の恋をはじめる考え方
第14回:“先まわり”はNO! 相手選びで「母親」の影がチラつくあなたへ
第13回:“積み重ね”が大事! 恋の「失敗」に恐れなくなる正しいチャレンジ法
第12回:「ペットを飼う」ことが婚期を遅らせる本当の理由って?
第11回:出会いのチャンスを逃す! 休日は“家”という選択肢がNGなワケ
第10回:誤解しがち? 「運命の出会い」は“ある”ではなく“育む”もの
第9回:恋愛力、下がってない? 「既婚者ばかり好きになる」理由
第8回:出戻りさんは特に危険! 快適な「実家暮らし」に潜むワナ
第7回:本当に必要な「自分みがき」、心得ていますか?
第6回:「体からはじまる関係」が、長期的なお付き合いに繋がりにくいワケ
第5回:あなたがパートナーに求めるその条件、本当に必要ですか?
第4回:「ひとりで何でもできそう」な女性が恋愛で損するワケ
第3回:引きずり中の「過去の恋愛」を克服する、たったひとつの方法
第2回:「待ち」一辺倒はNG! 受け身でも○○はすべし
第1回:「女子会ばかり」=「非モテ」につながるワケ

お役立ち情報[PR]