お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

【良縁遠ざけ女子】引きずり中の「過去の恋愛」を克服する、たったひとつの方法

にらさわあきこ

「幸せな結婚につながるような恋愛がしたい!」と思っていても、なかなか「いい出会いがない」と嘆いている女性は少なくないはず。もしかしたら、自分では気がつかないうちに、出会いのキッカケを逃してしまっているのかも……。そこで、恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんが、「良縁を遠ざけてしまうNG行動」を毎回ご紹介。解決のヒントをチェックして、素敵な異性を引き寄せる女性へと近づいて♪

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「過去の恋愛を引きずっている」

「出会いたい」と言いながら、過去の恋愛を引きずっている女性は案外多いもの。出会いがないわけではないけれど、前にお付き合いしていた彼がよく見えてしまう……なんてことってありますよね。「新しい恋がしたいの」という人でも、よくよく話を聞いてみると、「前の恋はこうだった」とか、「前の人以上でなければ」の思いを抱えていたりすることがある。

そこで、今回はどうして過去を引きずってしまうのか、またどうしたら克服できるのかについて考えたいと思います。

●過去の恋愛を引きずってしまうパターン3つ

実は、私の主宰する「恋愛・婚活研究所」にもたくさんの引きずり女子がやってくるのですが、その内面をひも解いていくと、理由は大きくは3つにわけられるようです。

1、彼にフラれて悔しい
2、過去の恋愛での失敗を反省しているのでやり直したいと思ってしまう
3、出会いがないので前の彼を思い出す
4、前の彼が本当に好き

「……あれれ、3つと言ってなかった?」というあなたは、正解です。

実は1と2はほぼ同じなのです。

●「自分を認めてほしい」気持ちを知るべし

というのも、1と2は「自分が認められなかった」悔しさを前の恋で取り返したい欲望……つまり根底には「自分を認めてほしい」気持ちがあるのですよね。「自分はこんなにできるのに」「認めてくれないなんておかしい」という心があるので、「NO」を言った彼を引きずる。でも、その大部分は「自分を認めてほしい」という気持ちなので、認めてくれる人は、別に彼でなくていいのです

では、誰があなたを認めてくれるかと言いますと、それはほかならぬあなたです。あなたのことは、究極的にはあなたしか認められないのです。

●自分を認めてあげよう

「あのときあんなことをしなければ」「どうしてあんな発言しちゃったんだろう?」「今なら彼の気持ちがわかるんだけど……」と思う気持ちは、よくわかります。けれどそれは仕方のなかったミス。

そして、ミスなど誰だって行ってしまうものですし、あなたがそのとき、そうしたのは、仕方のないことだったのです。たとえば事故に遭ったときに人は、「自分のせい」だと考えてしまうこともあるかもしれません。が、実際には先方のせいでもあるはずですし、めぐりあわせのせいでもある。

つまり過去の出来事は、あなただけが反省して「なんとかなる」ものではないですし、あなたのせいですらもない。だから、まずは過去の自分を認めて、「がんばったよね、私」とやさしく声をかけてあげてください。だってあなたはがんばったのですから!

●まとめ:「過去の恋愛」を引きずっているあなたへのアドバイス

過去を受け入れて、前を向けるようになれば必ずや新しい出会いは訪れます。また、冒頭に挙げた3の「出会いがないので前の彼を思い出す」パターンも、実は「出会いに行く勇気がない」、イコール「こんな私を好きになってくれる人なんてもう現れない」ということで、結局は「自分に自信がない」ということ。だから、やはりまずは今の自分を認めてあげていただきたい。

ただし、4の「彼が本当に好き」ならば、つらくなければ思い続けるのはアリ。「彼とやり直したい」気持ちよりも、「彼の幸せのためなら身を引ける」「もう恋はしなくていい」と思える女性なら彼を思い続けていいでしょう。

さあ、あなたはどのパターンですか?

心を開放して、自分が本当にしたいことに目を向けていきましょう!

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

お役立ち情報[PR]