お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

【ダメ男研究塾】「どこでもいいよ」が口癖!? デートのお店が決められない男性は“●●●●”の可能性アリ

堀井亜生

「交際が長続きしない」「いい男性に出会えない」など、結婚を意識しはじめたアラサー独身女性の悩みはつきないもの。そんな恋愛のお悩みから、多くの離婚・男女問題を解決してきた弁護士・堀井亜生先生が、結婚するには注意すべき「ダメ男」の特徴を解説します。「ダメ男」を見極めるポイントをチェックして、幸せな結婚をつかむヒントを探ってみて!

■今回のお悩み「デートのお店を決められない男」

最近デートを重ねている同僚の男性。入社当時はなんとも思っていなかったものの、仕事のプロジェクトで一緒になった際、やさしくフォローしてくれたことがきっかけで好意を抱くようになりました。どんなときもやさしい物腰の彼なのですが、少し気になることが……。デートで食事に行ってもいつも私任せで、「どこでもいいよ」が彼の決まり文句。私も優柔不断な性格なので、お互い「どうする?」と言うばかりで、その場がグダグダになってしまいます。お店を決めるなんて簡単なことなのに、なぜ彼はできないのでしょうか。もしかして、彼は決断力がないダメ男ですか?

■お悩み解決策

「自分で決められない男性はマザコンの可能性あり! でも、それより大きな問題が……」

デートのときに意見を聞いてくれない男性も困りますが、「どこでもいいよ」「なんでもいいよ」とばかり言う男性も困ってしまいますよね。こういった男性はなぜ何も決められないのか、原因は2つのパターンが考えられます。

ひとつは、自分の意見というものがまったくないから。このタイプの男性は、母親などまわりの意見に完全に従って生きてきたので、大人になっても何も決めることができず、いざというときにもモジモジするだけになってしまいます。

もうひとつは、自分の意見はあるものの、それを否定されるのが怖いから。こちらの場合は、母親をはじめとする女性の意見を恐れて生きてきたので、デートのときにも「どうしたら女の子が喜ぶのか」という感覚がなく、「何か言ったら怒られるんじゃないか」と思って何も言い出せなくなっていると考えられます。

どちらのパターンにしても、こういうタイプの男性は、過度に干渉してくる母親がいるマザコン系である可能性が高いです。もしこの同僚と付き合うことになり、結婚する場合は、母親との付き合い方を工夫する必要があるかもしれません。

ただ、一番の問題はマザコンかどうかではありません。彼はあなたの言う通り「デートのお店を決める」という簡単なことすらできないのですから、今後の人生における大事なことも、当然自分で決めることができません。結婚するときも、結婚してからも、何かを決断しなければいけない場面はたくさんあります。そういうときに何も決められない男性というのは、なかなか厳しいものがあります。

「決断力のない男性は、結婚しても変わらない!」

ただ、こういった男性は誰にとってもダメ男というわけではなく、なんでも率先して決められるタイプの女性とは非常に相性がいいと言えます。しかし、今回のケースではあなた自身も優柔不断ということなので、もし結婚してしまうと、この先大事なことを2人とも決められず、デートのときと同じようにグダグダになったり、最悪の場合には大きなトラブルに巻き込まれたりすることもあり得ます。

彼氏が優柔不断だと、女性は「結婚すれば頼りがいが出てくるかも」と期待してしまいがちですが、自分の意見がない、自分の意見を否定されるのが怖いという元々の性質は、結婚しても変わるものではありません。同じように、優柔不断なあなたが彼を引っ張れるまでに成長するのも難しいでしょう。

相性の問題が大きいので、あなたのような性格の女性は、物事を自分で決められるタイプの男性を探すのがいいと思います。ただ、あなたは彼のやさしい性格に惹かれているということなので、どうしてもそこが好きだというのであれば、決断力についてはあきらめて、彼の性格を選んでもいいかもしれません。その場合は、彼とのコミュニケーションを工夫したり、あなた自身が前もって調べるようにしたりして、まずはデートのお店だけでもスムーズに決められるようになりましょう!

■「デートのお店を決められない男」研究まとめ

(1)決められないのは、自分の意見がないか、否定されるのが怖いから。どちらにしてもマザコンの可能性あり。

(2)お店を決められないということは、人生の大事なことも決められない。ただし決断力のある女性となら相性◎。

(3)結婚しても決断力のなさは変わらない! やさしさを取るのなら、決断力はあきらめましょう。

(監修・文:堀井亜生)

お役立ち情報[PR]