お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【新連載】壊れたスマホに入っていたのは、昔の彼のメールアドレス……

Story1 ★なつかしメールアドレス

「それでさ、あいつ別れぎわに
『ぼくは、キミにはふさわしくない』
とかいっちゃって。逆でしょ。
あんたが新しい彼女作ったんだろうって」

あさみが自分と彼の別れ話に
「ぎゃっはっは!」と笑ったので、
わたしも悪いとは思いながら、
つられて小さく笑ってしまった。

金曜、居酒屋の個室の赤い間仕切りの中、
人目の気にならない空間で、
女子高時代の友人と飲むと、
心はすぐにあの頃に戻って、
テンションがものすごく上がる
……と思ったら。

「あっ!」
ワイングラスにひじをひっかけ、
こぼれた赤い液体が、
テーブルに置いたスマートフォンを直撃した。

「うそっ、マズい!」
すぐさま取り上げておしぼりで拭いたけれど
……スマートフォンは電源が入っているのに、
ボタンにもスイッチにも反応しない。