お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

満月が持つスピリチュアルな意味3つ。おすすめの過ごし方も紹介

LIB_zine

満月は、スピリチュアル的な意味を持つと考えられています。今回は、満月が持つ意味や満月の日に起こるとされる変化、おすすめの過ごし方について紹介します。

月は、スピリチュアルの世界においてとても重要な星。満ち欠けの状態によって、さまざまな意味を持つと考えられています。

今回は、満月が持つ意味や満月の日に起こるとされる変化、おすすめの過ごし方について紹介します。

満月が持つスピリチュアルな意味

満月は、スピリチュアル的にどのような意味を持つのでしょうか。

(1)エネルギーの高まり

月は、満ちるほどにエネルギーが強くなるとされています。

満月は、月が完全に満ちた状態。そのため、この日はかなりエネルギーが高まるタイミングといえるでしょう。

その影響を受けて、私たちの気力も高まると考えられています。

(2)解放と浄化

月は、完全に満ちた後、再び欠けていきます。そのため、満月の日は高まったエネルギーが解放されるタイミングともいえるでしょう。

また、エネルギーが放出されることから、余計なものを吐き出す浄化の意味も持つとされています。

(3)目標達成

スピリチュアル的に、満月は目標達成という意味も持っています。

月が完全に満ちるように、やりたいことを成し遂げられるかもしれません。

満月の日に起こるとされる変化

満月は、私たちに変化をもたらすとされています。それでは実際、満月の日はどのような変化が起こるのでしょうか。

(1)やってきたことの成果が出る

前述したように、満月は目標達成の意味を持つとされています。

そのため、満月の日はこれまでやってきたことの成果が出やすいといえるでしょう。

例えば、仕事で評価されたり趣味の腕前を褒められたりするかもしれません。

(2)感受性が強くなる

スピリチュアルの世界では、満月が持つエネルギーの影響で感受性が強くなるといわれています。

そのため、ちょっとした出来事でも感情を揺さぶられてしまうかもしれません。

▶次のページでは、満月の日におすすめの過ごし方をご紹介します。

次のページを読む

SHARE