お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚を前提に付き合うとは? 告白する男性心理や結婚までの交際期間

すぎうら

結婚を前提に付き合っても別れることはある?

中には、「結婚を前提に付き合う」と約束したのに、別れるかもしれない危機に直面し、この記事を読んでいる人もいることでしょう。

どんな付き合いにも「絶対」はない

結論、結婚を前提に付き合っていても、別れるカップルは多数存在すると思います。どんな恋にも「絶対」はありません。「絶対別れない」とは誰も断言できないのです。

そもそも、交際とはすり合わせの期間。その中で、価値観がどうしても合わなかったと気づくこともあるでしょう。

「ここまで愛を誓い合ったのに……!」と受け入れられないかもしれませんが、シビアなことを言うと可能性は決してゼロではないのです。

交際途中で「何か違う」と思った時の対処法

当初は結婚を前提に付き合うことを了承したものの、付き合う課程で「何か違うかも……」と違和感を抱くこともあるでしょう。しかし、「結婚前提」という言葉が重くのしかかり、安易に自分の気分で相手を振り回してはいけないとも思ってしまいますよね。

とはいえ、その違和感を無視してはいけません。

無理にスルーをするといずれ違和感は大きくなり、後から取返しのつかない状況になることだってあります。

先ほど、交際に絶対はない、と説明しました。その前提で違和感と向き合い、相手とじっくり話したり、場合によっては別れを選択したりする。そのための期間が「交際」なのです。

結婚を前提に付き合うならお互いに覚悟が必要

気になる男性から「結婚を前提に付き合ってください」と告白されたら、多くの女性が舞い上がってしまうでしょう。結婚を前提にと告白してきた時点で、男性の真剣度は高いと考えられます。

ただし、何度も言うように結婚前提=結婚ではありません。

彼はあなたが結婚相手としてふさわしいかを見極めたい可能性も。一生一緒に生きていけるのか、相手の価値観や家族についても冷静に見極める期間と考えた方が良いでしょう。

無理に自分を良く見せる必要はないものの、学生の頃のようなノリではなく、それなりに覚悟を持って付き合う必要がありますよ。

(すぎうら)

※画像はイメージです

※この記事は2021年10月29日に公開されたものです

すぎうら

30歳を目前にして突然のジャニーズオタクデビューしたマイペースなライター。芸能界に詳しいこともあり、芸能メディアでの執筆経験もあり。20代の頃は趣味で恋愛小説を書いており、電子書籍デビューを果たしている。恋愛小説を書くのは好きなのに、自分の恋愛はイマイチ上手くいかないのが悩み。

この著者の記事一覧 

SHARE