お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚を前提に付き合うとはどういうこと? 告白する男性心理も解説

すぎうら

「結婚を前提に付き合ってください」と告白されたら、うれしい反面、戸惑う部分もありますよね。こんな告白をしてくれる相手の本心とは? その心理を分析しながら、結婚前提の付き合いとはどんなものか、一緒に考えていきましょう。

気になる男性に「結婚を前提に付き合ってください」と言われたら、うれしくて舞い上がってしまう人が多いと思います。一方で、うれしさと同時に、「結婚前提」という言葉にプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

今回は、結婚を前提に付き合うことの意味を考えていきましょう。さらに、そういった告白をしてくる男性心理も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚を前提にした付き合いとは?

結婚を前提にした付き合いとは、お互いに結婚を視野に入れて交際することを指します。

結婚を前提にした付き合いの場合、最初に結婚という明確なゴールを決めて「本当にこの人と結婚していいのか」を見極めながら交際を進めていきます。

数年以内に結婚する意志がある証

「結婚を前提に付き合ってください」と言われたら、相手には数年以内にあなたと結婚する意思があると考えて良いでしょう。

ただし、「結婚前提=結婚」ではありません。

彼は、結婚前提であることを明言し、あなたが結婚相手としてふさわしいのかを見極めたいと思っている可能性もあります。

結婚前提の交際は、お互いが見極める期間。どちらかが「結婚すべきでない」と判断した場合は、もちろん別れる結果になるかもしれません。その結末も視野に入れて、浮かれず、結婚を決めるための準備期間にしていきましょう。

次ページ:結婚を前提にした付き合い方の特徴3つ

SHARE