お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

身内が死ぬ夢の意味とは? 人物・原因・状況別の暗示12選

夢占い

紅たき(占い師・コラムニスト)

身内が死ぬという不吉な夢を見たら、実際に悪いことが起こるのでは? と不安になりますよね。しかし占い師の紅たきさんによると、「身内が死ぬ夢」は基本的に吉夢である場合が多いようです。今回は、人物・原因・状況別に夢の意味を解説してもらいます。

身内が死ぬという不吉な夢を見たら、どのような意味があるのか気になりますよね。実際に悪いことが起こる暗示かもしれない……と不安になる人が多いかもしれません。

本記事では、「身内が死ぬ夢」の意味を人物・原因・状況別に詳しく解説します。夢の意味や暗示を知って、現実を生きるヒントにしてください。

「身内が死ぬ夢」の基本的な意味

まずは、「身内が死ぬ夢」の基本的な意味や暗示を見ていきましょう。

「身内が死ぬ夢」は凶夢?

夢占いにおいて「死」は生まれ変わりや再生を意味します。「死ぬ夢」は、スピリチュアルの世界では凶夢ではなく、むしろ吉夢だと捉えられています。

身内が死ぬという不吉な夢を見たら不安になると思いますが、実際に悪いことが起こるとは限りません。

人生に新たな展開が待ち受けていることを暗示する

「身内が死ぬ夢」は、人生に新たな展開が待ち受けている暗示。この夢を見たら、あなた自身に何か良い変化が起こる可能性があります。例えば、あなたが今抱えている問題に解決策を見出すことができ、苦しい状況から救われるかもしれません。

ただし、死んだ人物が誰なのか、どのような状況で死んでしまったかなどによって夢の意味が変わります。「身内が死ぬ夢」を、詳しくひも解いていきましょう。

次ページ:人物別「身内が死ぬ夢」の意味

SHARE