お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドタキャンとは? よくある理由とされた時の対処法

aoi okamoto

よくドタキャンする人の心理や特徴

仕方なくドタキャンせざるを得ない場合もありますが、何度も繰り返しドタキャンする人もいますよね。

一体どんな心理でキャンセルしているか、ドタキャンを繰り返してしまう人の特徴を解説します。

(1)気分屋

ドタキャンする人の性格に多いのが、気分屋です。このタイプの人は、予定を決めた時は乗り気でも、日がたつにつれ段々と熱が冷めてしまい、最終的には予定自体を面倒くさく感じることが多いようです。

やる気が出ない、面倒くさいといった気分によって簡単に流されてしまうのです。

(2)時間にルーズ

時間にルーズな人もドタキャンをしやすい傾向にあります。

普段の生活から、集合時間や締切日を守るのが苦手な人は、予定に関してもルーズになりがちです。「遅れる」ことへの抵抗が少なく、悪いと感じていない可能性も。

時間にルーズな人は予定を忘れて、約束をすっぽかしてしまうケースすらあるかもしれません。

(3)相手に対する配慮が苦手

「相手への配慮が足りない」という点も、ドタキャンをしてしまう人の特徴として挙げられます。

相手はせっかく時間をつくって予定を空けてくれていたかもしれないし、予定を楽しみにしていろいろ準備をしていたかもしれません。

相手への配慮が足りないというのは、こうした状態でキャンセルをしたら相手がどう思うかまで考えるのが苦手ということです。

(4)面倒くさがり

ドタキャンする人は基本的に面倒くさがりの人が多いです。

面倒くさがりの人は、約束当日に洋服を選んだり、メイクをしたり髪型を整えたりすることが面倒になってしまったり、出かける場所が遠いと、そもそも行くこと自体が面倒くさく感じてしまうことがあります。

次ページ:ドタキャンされた時の対処法

SHARE