お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドタキャンとは? よくある理由とされた時の対処法

aoi okamoto

ドタキャンのよくある理由

ドタキャンのよくある理由4つを紹介します。紹介するような理由なら相手に納得してもらいやすく、ドタキャンする人が言い訳として使うこともあるでしょう。

(1)体調不良

特によく使われる理由が、体調不良です。

「ごめん、昨日から体調が悪くて……」「家族が熱出しちゃって」など、自分や家族の体調不良を理由にドタキャンするケースは多いです。

なぜなら、実際に発生する可能性が高く、かつドタキャンされた側も体調が優れない人に無理強いはできません。

ですが、もしうそだった場合は、呆れられたり不謹慎だと思われたりします。ドタキャンの理由として頻繁に使うことはおすすめしません。

(2)急きょ仕事が入った

「急きょ仕事が入って行けなくなった」もドタキャンの際によく用いられる理由の1つです。

どうしても仕事を優先しなければいけない時もありますよね。相手も「仕事だったら仕方ない」と納得してくれることがほとんど。

ただ、もし万が一うそをつく時は同じ会社の同僚や上司、後輩には使わないようにしてください。後々バレてしまう可能性が高いので注意しましょう。

(3)日にちを勘違いしていた

「あれ、約束って今日だっけ? 来週だと思ってた」のように、そもそも予定自体を忘れていた、日にちを勘違いしていたパターンもよくあります。

本当に日にちを間違えていたり、忘れていたりすることもありますが、相手にとっては特に不愉快な言い訳であることを知っておきましょう。

「わざわざ時間つくったのに忘れたってどういうこと?」「この日ってちゃんと確認したよね」というように、けんかやトラブルに発展してしまうリスクがあります。

(4)お金がピンチ

「お金がなくて行けない」もよくあるドタキャンの理由です。お金事情を赤裸々に伝えられる仲の良い相手に対して使うことができます。

この理由を使う時は、「今月お金がピンチで行けないんだけど、来月なら行ける」というように、少し先で予定を再設定してもらえるようにお願いするのがベターです。

次ページ:よくドタキャンする人の心理や特徴

SHARE