お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドタキャンとは? よくある理由とされた時の対処法

aoi okamoto

ドタキャンされた時の対処法

実際、相手にドタキャンされてしまった……という場合、どうすればいいのでしょうか? 続いて、万が一ドタキャンされてしまった時の対処法についてもご紹介します。

直前でキャンセルされてしまうと怒ったり文句を言いたくなったりしてしまうもの。相手との良好な関係を継続させる、ドタキャンを繰り返されないためには何が必要なのでしょうか。

(1)相手を問い詰めない

直前になってキャンセルの連絡が来た時は、どうしてもいら立ちを感じてしまいますよね。ですが、ここで大人の対応をすることが大切です。

文句を言いたい気持ちを抑えて、相手に同調したり、理解する姿勢を見せましょう。「そっかそっか、それなら仕方ないよね。また今度にしよう」と一言伝えるだけでも、お互いの関係性を壊さずに済みます。

相手を責めてしまうと嫌な雰囲気になってしまいますので、真摯な態度で接することをおすすめします。

(2)信用できない人とは次の約束はしない

自分がもう二度とドタキャンに振り回されたくないと感じているのなら、信用できない人との約束をしないのもおすすめです。一度なら理解できても、二度三度とドタキャンを繰り返す人は信用できなくなってしまいますよね。

時間にルーズだったり人に迷惑を掛けることに慣れている人の場合はなおさらです。

もし、これ以上関係を継続させるのがつらいと思うなら、いっそのこと約束をしないという方法も良いかもしれません。

(3)少し距離を置く

ドタキャンした相手と少し距離を置くのも1つの方法です。

ドタキャンを機に冷たい態度をとってみたり、これまでと違って必要以上に話し掛けないようにしたり。ドタキャンをした人も自分の行動を反省してくれるきっかけになるかもしれません。

次ページ:ドタキャンを未然に防ぐ方法

SHARE