お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

運命の人には特徴がある? 出会った時のサインと見分け方

なかむらみほ

「運命の人」はいると思いますか? いるとすれば、その人にはどんな特徴があるのでしょうか。今回は運命の人の特徴と出会いのサインについて、紹介します。

「運命の人と出会いたい……」そんな願望を抱いたことはありませんか?

「運命の人」という響きだけでロマンがありますが、この人が運命の人である、と判断するのはなかなか難しいものですよね。

この記事では、運命の人の特徴から出会う時のタイミングまで解説してきます。

「運命の人」には特徴があるって本当?

「運命の人に出会った瞬間、直感で分かる」という話を聞いたことがあるかもしれません。

運命的な出会いをした時は、他の人とは違い、出会った瞬間から特別な感覚があったという人もいるようです。

「ビビッときた」という話や直感でピンときて「この人だ!」と思う瞬間があったという話もよく耳にしますよね。

感覚は人それぞれですから、実際に経験してみないことには分からないものです。

ですが、「運命の人かもしれない」と感じた時には、自分自身の直感を信じるのが大切なのかもしれません。

運命の人の特徴8つ

運命の人は、外見や言動に特徴があるといわれています。

もしかしたら、あなたの身近にいる人が運命の人の特徴に当てはまるかもしれません。

ここでは、運命の人に見られる特徴的な言動などについて紹介します。

(1)価値観が似ている

価値観が似ていると感じる相手は、運命の人である可能性があります。

金銭感覚、恋愛に対する考え方などが一致していると、付き合った後も良好な関係を保てるでしょう。

自分と違う考えを持つ人に惹かれることもありますが、人間的なコアの部分で価値観が共有できることは、パートナーシップを築く上でとても大切です。

(2)懐かしさを感じる

初対面なのに、なぜか懐かしい気持ちになる相手と会ったことはありますか?

もしそのような人がいれば、その人は運命の人かもしれません。「どこかで会ったことあるような……」という感覚も同様です。

懐かしさを感じる人と出会うことは、簡単ではありません。もし出会った場合には、相手との関係を大切にしていきましょう。

(3)共通点が多い

共通点が多い相手とは、お互いに惹かれ合う傾向があります。

趣味や好きなことが同じ、誕生日が近い、出身地が同じなどの例が挙げられるでしょう。

自分に似た境遇の人に対して親近感が湧くのはごく普通のことです。

周りに当てはまる人がいれば、「運命の人かも?」と少し気に掛けてみましょう。

(4)安心感がある

恋愛にはドキドキ感が必須だと思われがちですが、実はそうではありません。

運命の人の特徴の1つとして、安心感が挙げられます。

常にドキドキする相手だと緊張で疲れてしまい、本音を言えないままの関係が続くこともあるでしょう。

人生を共にしてく人とは、ありのままの自分をさらけ出せる関係性を築きたいもの。多少のドキドキ感も必要ですが、運命に人にはそれを上回る安心感があるはずです。

(5)沈黙が苦痛にならない

2人きりになった時、沈黙が苦痛に感じない人は運命の人かもしれません。

大抵の場合、沈黙になると気まずい気持ちになることが多く、会話が途切れないように努力しますよね。

運命の人なら、無理やり話題をつくろうとしなくても、心地良く過ごすことができるでしょう。

沈黙でさえリラックスできるような、自然体でいられる相手は貴重です。

(6)付き合った時のイメージが湧く

運命の人の場合、出会ったばかりであっても、その人と付き合った時のイメージが湧いてくることがあるようです。

「この人とは付き合うことになりそう」「この人と結婚しそう」と、直感でピンとくるのだとか。

将来を楽しく過ごせそう、この人なら信頼できる、などと未来に対して前向きなイメージが浮ぶ相手は、運命の人である可能性が高いでしょう。

(7)雰囲気が似ている

運命の人は、自分と雰囲気が似ているといわれています。

カップルや夫婦で、顔立ちや存在感、雰囲気そのものが似ている人たちを見かけませんか?

自分では似ていると自覚がなくても、似ている者同士は自然と仲良くなっているパターンもあります。

(8)好みのタイプではなくても惹かれる

全く好みのタイプではないのに惹かれる、ということがあれば、それは運命の人かもしれません。

好みではないと頭で考えてもなぜか惹かれるのであれば、直観的に運命を感じている証拠。

もし思いあたる人がいれば、すぐに恋愛の対象から外さず、少し気に掛けてみましょう。

次ページ:運命の人に出会うサインと前兆

SHARE