お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マズローの欲求5段階説とは。例&モチベーションの高め方

高見綾(心理カウンセラー)

「マズローの欲求5段階説」とは、人間の欲求を5段階のピラミッドに分けて考える心理学理論。この欲求を理解すると、モチベーションを上げる方法が分かるかもしれません。今回は、心理カウンセラーの高見綾さんがマズローの欲求5段階説について解説します。

「マズローの欲求5段階説」をご存知でしょうか。これは、人間の欲求は、低次の欲求が満たされると高次の欲求へ上がっていくという法則のこと。

この法則は、自分を理解してモチベーションを高めたり、商談相手の心理を知ったりするために役立つとされています。

そこで今回は、この法則について詳しく解説します。また、この法則をビジネスや日常に生かす方法についても紹介します。

マズローの欲求5段階説とは?

マズローの欲求5段階説は、「人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されている」という理論のことで、米国の心理学者アブラハム・マズローによって発表されました。

マズローは人間性心理学の第一人者として有名で、「人間は、自己実現に向かって成長する主体的な存在である」と考え、自己実現に至るまでの欲求をピラミッド化しました。

人間の欲求には以下の5段階があり、これらはピラミッドの低次のものから順に満たされていくとされています。

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説

では、それぞれの欲求について順番に見ていきましょう。

第1段階.生理的欲求

生理的欲求とは、食欲や睡眠欲の他、排せつ欲などを指します。これらは人間の本能的な欲求であり、生きていくために必要不可欠なものです。

まずはどんな欲求よりも先に、「食べたい」「眠りたい」「トイレに行きたい」といった、生命維持に必要な欲求が満たされることが大切なのです。

第2段階.安全欲求

安全欲求とは、安全な暮らしがしたいという欲求をいいます。

人間は生理的欲求が満たされると、次は、「(身体的に守られるような)安全な家に住みたい」「仕事を持ち、経済的に安定したい」「食べ物がすぐに手に入る状態が欲しい」と思うものです。

こういった物質的な欲求は、第1段階の生理的欲求と同じくらい強いものだとされています。

また、安全欲求は、年齢を重ねるにつれて反応を抑制することを覚え、昇華していくといわれています。自然と次の社会的欲求を求めるようになるのです。

第3段階.社会的欲求

社会的欲求は、別名「所属と愛の欲求」と呼ばれています。学校や会社・サークル・部活・家族などに属して安心感を抱きたい、受け入れられたいという欲求のこと。

物質的に満たされると、次は「会社やサークルなどに所属したい」「友人や恋人など、他者から愛されたい」といった気持ちが生まれるのです。

人間は社会的な生き物ですから、自分を受け入れてくれる他者の存在が必要です。そのため、この欲求が満たされていないと、孤独や不安を感じやすくなります。

第4段階.承認欲求

社会的欲求が満たされると、次に、「所属した場所で認められたい」という気持ちが生まれます。この承認欲求は、「みんなからすごいと思われたい」「評価されたい」という欲求のこと。

承認欲求には低次と高次の2種類があるとされており、低次の承認欲求は、他者から注目を集めたり、褒められたりすることで満足できます。高次の承認欲求は、自己肯定感を高め、自分の存在を認めることで満たされます。

こうした承認欲求が妨害されると、劣等感や無力感を抱きやすくなるとされています。

第5段階.自己実現欲求

自己実現欲求とは、自分の持つ能力や可能性を最大限に発揮して、自分らしく生きたいという気持ちのこと。

人間には、創造性を発揮して理想の自分に近づきたいという願望があります。そのため、承認欲求が満たされたら、次は「夢をかなえて世の中に貢献したい」「自分にしかできないことをしたい」という自己実現欲求に到達すると考えられています。

第6段階も? 自己超越の欲求とは

自己超越の欲求とは、自分のためではなく、世の中のために貢献したいとする欲求です。

見返りを求めず、ひたすら目的に没頭する状態を指し、慈善活動やボランティア活動などがこれに当たりますが、この階層に到達できる人は極めて稀であるといわれています。

これはマズローが晩年に発表したもので、5段階欲求のさらにもう1つ上の階層があるとされています。

次ページ:マズローの欲求5段階説の活用方法

SHARE