お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「貴店」の意味と正しい使い方は? 類語表現との使い分けも解説

まる

ビジネスシーンやアルバイトの面接などでも使える「貴店」という言葉。正しい意味や使い方を知っていますか? 今回は「貴店」の意味や使い方、類語表現や「貴社」との違いを紹介します。

ビジネスの場面では、相手のお店を「貴店」と表現することがあります。

主に書き言葉として使われる言葉であり、話し言葉で使われることはあまりありません。

「貴店」は相手に敬意を表す表現ですが、使い方に自信がない人も多いのでは?

ここでは「貴店」の意味や使い方、「貴社」との違いを解説します。間違った使い方をしていなか、自信がない人はチェックしてみましょう。

「貴店」の意味

まずは「貴店」の意味を見ていきましょう。

「貴店」は「相手のお店」の尊敬表現

「貴店」の読み方は「きてん」で、相手の店舗に対する尊敬表現です。

簡単に言うと、「あなたのお店」を丁寧に表現した言葉になります。

「貴」という字には、「相手に関する事柄に冠して敬意を表す」という意味合いがあります。

個人経営の店舗を指す

「貴店」は法人経営ではなく、個人経営の店舗を指す際に用いられます。

会社組織やチェーン展開されているお店に対しては、「貴店」ではなく「貴社」と使い分けるのが適切です。

次ページ:「貴店」の使い方は?

SHARE