お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

会話上手が使う「オープン・クエスチョン」とは。具体例&やり方を解説

浅野寿和(心理カウンセラー)

相手の話を効果的に引き出す質問方法である「オープン・クエスチョン」。具体的にはどのような質問のことを指すのでしょうか? 心理カウンセラーの浅野寿和さんが、具体例ややり方、クローズド・クエスチョンとの違いを解説します。

「オープン・クエスチョン」は、相手との対話を求める場合にとても有効な質問方法です。

オープン・クエスチョンを使えるようになると、ビジネスや恋愛・日常生活などのあらゆるシーンで、相手の考えを引き出しやすくなります。相手をさらに深く理解して信頼関係を築くためにも、オープン・クエスチョンのやり方を身に付けておきましょう。

今回はオープン・クエスチョンのメリットや、具体的なやり方を解説します。

オープン・クエスチョンとは?

「オープン・クエスチョン」とは、回答者の返答に制限を設けず、自由に回答をしてもらう質問方法です。質問された人が何を答えても構わないような質問形式とも言えます。

質問に「5W1H(いつ、どこで、誰が、どうやって、なぜ)」と呼ばれる要素を加えるとオープン・クエスチョンになります。

オープン・クエスチョンの具体例

オープン・クエスチョンとは、具体的に以下のような質問方法のことです。

・休日は何をして過ごしているんですか?

・あなたはこの製品の魅力についてどう思いますか?

・あなたは自分の能力をどのように評価していますか?

このように「はい」「いいえ」で回答できない質問方法はオープン・クエスチョンにあたります。

では、オープン・クエスチョンにはどのようなメリットがあるのか次から見ていきましょう。

次ページ:オープン・クエスチョンのメリット・デメリット

SHARE