お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

聞き上手とは? 聞き上手になる方法をプロが解説

櫻井弘

「聞き上手になりたい」と思ったことはありませんか? 話を聞いているつもりなのに、「聞いてる?」と言われたり、うまく質問ができなかったり……。今回は、コミュニケーションに関する研修を手掛ける櫻井弘さんに、聞き上手になるコツを教えてもらいました。

話し上手は聞き上手です。

なぜならば、「話す」と「聞く」の関係性とは、「吸う」(聞く)と「吐く」(話す)の「呼吸」のようなもので、「聞けなければ話せない」からです。

ビジネスにおいても、相手の話を聞くことができなければ、スムーズに事が運ばないこともしばしば。

そこで今回は、聞き上手になるための方法を紹介します。

聞き上手とは? 聞き上手になることのメリット

「聞き上手な人」と聞くと、どんな人物像を思い浮かべますか?

おそらく多くの方が、「話し手の話を黙ってうなずきながら聞ける人」というイメージを抱いているのではないでしょうか?

しかし本当の「聞き上手」とは、共感力や傾聴力・質問力があり、自分の話もバランス良くできる人だと私は考えます。

相手の話にきちんと共感を示したり、たとえ自分とは違う意見であっても話をさえぎらずに聞いたり、相手の意見を踏まえた上で質問をしたり、自分の考えもちゃんと述べたりできる人が、「聞き上手」であるといえます。

そんな聞き上手になることで、相手から好かれたり、信頼と協力の基盤ができたり、良好な人間関係を形成できたり、というようなメリットを得ることができます。

次ページ:人の話を聞く上での注意点

SHARE