お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「重複」はどう読むのが正解? 読み方や意味、例文などを紹介

Sai

【例文付き】「重複」の正しい使い方とは?

ビジネスシーンで「重複」を使う場合、主に「重複」を動詞として使うパターンと、「重複」を他の名詞と組み合わせ熟語として使うパターンの2種類の使い方があります。職場などで正しく使用するためにも、例文を確認しておきましょう。また、「重複」を英文で使う場合の例文もあわせて紹介します。

「重複」を動詞として使う場合

まずは、「重複」を動詞として使う場合の例文を見てみましょう。

例文

  • 表現が重複しているので、後で削除しておいてください。
  • エクセルの機能を使って、重複しているデータを取り除く。
  • 重複して記入されているので、書き直してください。
  • 他の社員と営業エリアが重複しています。

「重複」と他の名詞を組み合わせて使う場合

「重複」に他の名詞を続けて熟語として使うパターンも、ビジネスシーンでよく見られる表現です。代表的なものをいくつか紹介します。

例文

  • 「いまだに未解決」という言い方は重複表現である。
  • 重複データは簡単な方法で洗い出せる。
  • 重複排除のために、フォルダ名を連番で管理する。

「重複」を英文で使う場合

海外支社や海外の取引先とのやり取りで困らないよう、「重複」の英語表現である「duplication」や「overlapping」などを使った英語の例文も確認しておきましょう。

例文

  • To prevent duplication of data, please use this system carefully. (データの重複を防止するために、このシステムを注意深く使ってください)
  • Please adjust the schedule because the plans are overlapping.(予定が重複しているので、スケジュールを調整してください)
  • Could you tell me how to remove duplicate email addresses?(重複しているメールアドレスを取り除く方法を教えてもらえませんか?)

意味や読み方を理解して「重複」を正しく使おう

職場などで頻繁に見聞きするものの、正しい読み方や意味をよく知らない人が多い「重複」という言葉。しかし、ビジネスシーンに適した読み方や正確な意味を理解しておけば、目上の人や取引先などから「知識や教養がない」と思われたり、周囲からの評価が下がったりする心配はありません。

例文や言い換え表現などをしっかりと確認しておき、正しく「重複」を使えるようにしましょう。

(Sai)

※画像はイメージです

※この記事は2021年04月16日に公開されたものです

Sai

旅行会社で5年間コンサルタントとして働いた後、フィリピンやオーストラリアでの滞在を経てフリーライターに。 国内外で働いて得た知識や、国際恋愛・国際結婚などの経験を元に、恋愛やビジネス系コラム、英語学習法などに関する記事を多数執筆中。

この著者の記事一覧 

SHARE