お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ムカつく時の上手な対処法6つ。ムカつく人に対するNG言動とは

高見綾(心理カウンセラー)

ムカつく時の対処法

それでは、ムカつく時の上手な対処法について解説します。

(1)その場を離れる

例えば職場でムカついた時は、トイレに立ったり、お茶を入れに行ったりするなど、ムカついた相手から物理的に距離を取りましょう。家にいる人にムカついた時は、別の部屋に移動するなどして相手が視界に入らなくなることで、少しクールダウンできるはずです。

(2)ムカついた理由を紙に書き出す

思いつくままに、自分の気持ちを紙に書き出してみましょう。その際、なぜムカついたのかを深堀りして、理由を明確にしましょう。そうすることでスッキリしますし、問題の核心部分に気付けるかもしれません。

(3)「~すべき」思考を改善する

ムカついた時は、自分の中に「~すべき」思考がないかどうかを振り返ってみましょう。「上司はこうすべき」「彼氏ならこうすべき」といった理想を思い描いていると、無意識にそれを相手に押し付けてしまい、思い通りにならなくてムカついている可能性もあります。

自分の思考を振り返るだけでも、感情が落ち着いてくると思いますよ。

(4)相手の事情を考慮する

なぜ相手がムカつくような言動をしたのかを考えてみます。心の余裕がなかったのかもしれませんし、劣等感があったのかもしれません。

そうして考えてみると、少し視野が広がって冷静になれますし、相手に事情があったことに気付いてイライラが抑えられる場合もあります。

(5)冷静に自分の気持ちを伝える

彼氏や親友など、これからも付き合いたい大切な相手や、仕事を進める上で必要な職場の人などに対しては、怒っているという自分の気持ちを伝えてみるのもいいでしょう。

その際、感情的にならないことがポイント。自分が落ち着いている時に、具体的かつ簡潔に事実を述べることが大切です。

(6)話半分で聞き流す

積極的に関わらなくても良い相手なら、「そうですね」と相づちを打ちながら、話半分で聞き流しておきましょう。

相手と同じ目線にいると、さらにムカついてしまうかもしれないので、同じ土俵には上がらないことを意識しましょう。適度な距離を保っておくのも大切です。

次ページ:ムカつく時に注意するべき言動も

SHARE