お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

嫌われてる気がする理由と心理。本当に嫌われているか確かめる方法&対処法も解説

浅野寿和(心理カウンセラー)

職場に行ったり、友達と遊んだり。日々生活していると、みんなに嫌われてる気がして不安になった経験がある人もいるのではないでしょうか。心理カウンセラーの浅野寿和さんによると、そう思うことには理由があるのだそう。本当に嫌われているのかを確かめる方法や対処法と併せて解説してもらいました。

「何だか私、嫌われてる……?」と思う時がある人はいませんか? その理由は、自分を否定していたり、自分が報われたい気持ちが強いからかもしれません。

今回は、嫌われてる気がする理由と心理の他に、そんな時の確かめ方や対処法も解説します。

嫌われてる気がするのはどんな時?

まずは、「もしかして嫌われてる?」と思いがちなシーンを紹介します。主に他人の反応が良くない時に嫌われてる気がするものです。

(1)目を見て話してもらえない時

目を見て話すことは「好意があります」「信頼しています」などポジティブな感情を伝える効果があります。相手がシャイなだけ、という場合もありますが、いつも目を見て話してもらえないと、やはり嫌われている気がすることもあるものです。

(2)自分だけ誘われない時

自分だけご飯に誘ってもらえないことなどが続くと、「私は拒絶されているのでは」と疑ってしまうこともありますよね。他のみんなが誘われているならば、さらにそう感じやすくなります。

(3)事務的なことしか話してもらえない時

お互いの個人的な話が全くできないと、なかなか親密感を感じられません。すると「相手は割り切って付き合っているのでは」「距離を置かれているのでは」と嫌われているように感じる場合があります。

(4)SNSでつながることを拒否された時

誰とでもつながれるSNSで、つながりを拒否されることがあれば、嫌われているのかも? と思うものです。特に普段は普通に話している人から断られると大きなショックを受けますね。

(5)仕事で明らかに不当な評価を受けた時

自分の評価が明らかに低くなってしまっていると、「嫌われているから評価を下げられている」と感じてしまいがち。あまりに不当な評価を受けると自分の存在をちっぽけに感じることもあるでしょう。

次ページ:嫌われてる気がする理由と心理

SHARE