お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セルフプレジャーって何? オナニーのやりすぎは体に悪いって本当?

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

耳にしたことはある言葉、「セルフプレジャー」。そもそも何のことなのでしょうか? 産婦人科医・医学博士の宋美玄先生にセルフプレジャーとは何か、得られる効果について伺ってみました。

「セルフプレジャー」という言葉を耳にしたことはありますか。セルフプレジャーとは、オナニー、マスターベーションなどと言い換えられる、いわゆる1人エッチのこと。

セルフプレジャーは男性だけがするものというイメージがあるかもしれませんが、じつは男女問わず行う、ごく普通の行為なのです。

セルフプレジャーって何のこと?

セルフプレジャーとは「1人で行う性的行為」を示す言葉です。1人エッチ、SOLO SEX、オナニー、マスターベーションと呼ばれることもありますが、オナニーやマスターベーションという呼び方には、どこか卑猥なイメージがつきまとうことも。そこで昨今、それらに代わって使われるようになったのが、この「セルフプレジャー」という言葉です。

セルフプレジャーには、性的快感を得て、自分自身を癒やせるということ以外にも、さまざまなメリットがあるといわれています。今回はそんなセルフプレジャーのメリットや頻度、注意点を紹介していきましょう。

女性がセルフプレジャーするっておかしい?

セルフプレジャーは「男性がするもので、女性はしない」という印象を持っている人も多いのではないでしょうか。たしかに日本では、「男性には性欲があり、多かれ少なかれセルフプレジャーをするもの」という理解が一般的ですが、女性についても同じように考えている人は少ないでしょう。

ここ最近は少しずつ変化しつつあるとはいえ、女性が自分自身の性欲について友だち同士で話す機会は決して多くありません。それどころか、性的な表現、つまりエロを感じさせるものに触れること自体に、罪悪感を覚えてしまう女性もいるでしょう。そうした状況から、女性がセルフプレジャーをすることに否定的な感情を持つ人がいるのはしかたのないことです。

しかし、女性がセルフプレジャーをすることは恥ずかしいことや、はしたないことではありません。むしろ、女性も積極的にしたほうがよいのです。なぜなら、セルフプレジャーをすることで、女性器への向き合い方が変化することがあるからです。

自分の性器について知るためのよい機会

日常的に自分で目にすることのできる男性のペニスとは異なり、女性の外性器はわざわざ見ようとしないと見えない位置にあります。加えて、形状も複雑です。

そもそも女性器を見たり、触れたりすることは、タブー視される傾向にあります。そのせいで、自分の性器のことがまったくわかっていないという女性も少なくありません。

けれども「大切な自分の体の一部なのに、よくわかっていない」というのは不思議なことです。女性器は髪や肌、爪などと同様に「自分のもの」として、女性自身が管理するはずのものです。

セルフプレジャーをするときは、自分の性器を見たり、触ったり、どこを触るとどんな反応が生じるのかを自然と観察することになります。定期的にセルフプレジャーを行うことで、自分の体の一部として性器に興味を持つことにつながります。

次ページ:セルフプレジャーが美容や健康にいいって本当? 得られる効果とは

SHARE