お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性がオナニーをする平均頻度とは? 正しいやり方も解説

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

性に関する話題は、周りの人にはなかなか聞きにくいもの。今回は産婦人科医・医学博士の宋美玄先生に、女性のオナニー事情について伺ってみました。平均頻度や気持ちいいオナニーのやり方など、気になっていたけれど誰にも相談できなかった情報が盛りだくさんです。

オナニー(マスターベーション・セルフプレジャー)というと「男性がするもの」というイメージがあるかもしれませんが、それは勘違い。女性がしてはいけないものではありません。

ただ女性の場合、男性と比べて性についてオープンに話す機会が少なく、情報もあまり多くないため、マスターベーションのスタンダードな頻度や方法がわからなくて不安になることもあるでしょう。

女性のみなさんは、どんなふうにマスターベーションをしているのでしょうか。

女性のオナニー、平均頻度は?

まずは、女性のマスターベーションの頻度について見てみましょう。20~69歳の男女を対象としたセックスに関する大規模な調査『ジェクス ジャパン・セックスサーベイ2020』に、女性の自慰(マスターベーション)の頻度を尋ねる質問があります。その結果は上のグラフの通りでした [*1]。

全年齢で見ると、マスターベーションをしている人のなかでは、その頻度として「年数回程度」と答えた人が12.2%で、割合としては最多でした [*1]。2番目には「月2~3日」が6.5%で続いています。

同じ質問に対する男性の回答で最も多かったのは「週2~3日」の21.3%でした。全年齢で男女比を見ると、女性のほうが、マスターベーションの回数が少ないことがわかります [*1]。

若い女性のオナニー頻度、最多層は「週2~3日」

ただし、マスターベーションの頻度は年齢によって差があります。上のグラフにも示されているように、20代・30代の女性と全年齢の女性とでは、マスターベーションの頻度の傾向が異なっています[*1]。特徴的な点をあげてみました。

・週1回以上マスターベーションしている女性が、20代では23.3%、30代では22.1%。「5人に1人以上が毎週している」といえます。

・マスターベーションの回数として「週2~3日」と答えた女性が最も多く、20代では10.0%、30代では9.2%。「約10人に1人が週2~3回している」といえます。

平均値ではありませんが、若い女性ほどマスターベーションをしている傾向にあることがわかります。

適切な頻度とは

こういったデータを見ると「それよりも頻度の高い私はやりすぎ? もしかしておかしいのかな……」と思う人もいるのではないでしょうか。

「マスターベーションをしすぎると病気になる」などといわれることもあり、マスターベーションの頻度を気にしている人もいるかもしれません。しかし実際には、「マスターベーションをしすぎると病気になる」ということはありません。

マスターベーションは誰も傷つけず、妊娠や性感染症の心配もなく、自分1人で自らを癒やすことのできる手段のひとつです。手や性器を清潔にして、性器を傷つけないようにして行うことが前提ですが、週に何回、日に何回などの制限があるわけではないのです。

むしろ女性がマスターベーションをすることは、普段はあまり触れたり見たりする機会の少ない性器に注目し、自分の体への理解を深めるきっかけにもなります。

また、マスターベーションをすることで、オーガズムに達する=イクという感覚を得やすくなり、パートナーとのセックスをよりよいものにできるケースもあります。マスターベーションは決して恥ずべきこと、いけないことではないのです。

次ページ:オナニーの種類

SHARE