お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「とんでもございません」は間違い? 正しい敬語表現と使い方・例文

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

上司や目上の人から褒められた時、謙遜の気持ちを示す意図で「とんでもございません」という言葉を使っていませんか? 実はこの「とんでもございません」は、文法的に正しいとは言い難い表現なのです。ライティングコーチの前田めぐるさんに、「とんでもございません」の正しい表現、使い方について解説してもらいました。

「とんでもございません」という言葉は、目上の人から褒められて返す時などによく使われる謙遜の表現です。

本来「とんでもございません」は文法上の法則から外れた用法ですが、現在では相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消す時の表現で使うことは問題ないとされています。

果たして、全てのビジネスシーンに当てはめていいものでしょうか?

「とんでもございません」の意味とは?

まずは「とんでもございません」の意味を解説します。

「とんでもございません」は「そんなことはない」の謙遜表現

目上の人から褒められた時などに使う「とんでもございません」の元になっている言葉は「とんでもない」です。

次のような意味があります。

とんでもない
(ト(途)デモナイの転)
(1)とても考えられない。思いもかけない。途方もない。
(2)(相手の言葉を強く否定して)そんなことはない。冗談ではない。

▽いまは「とんでもありません」「とんでもございません」の形でも使う。
(『広辞苑 第七版』岩波書店)

上記の意味から判断すると、目上の人から褒められた時の「とんでもない」は、(2)の意味です。

褒められたり、賞賛を受けたりした時に、「いえいえ、それほどのことではありません」と謙遜して使います。

「とんでもない」を丁寧に言うための「とんでもございません」

「御社は名実ともに業界ナンバー1だね」と褒められた時に、「とんでもございません。まだまだ及びません」とか、「スタッフさんたちが素晴らしいね。あなたの教育のたまものだね」に対して、「教育などとんでもございません。スタッフ達に助けられてばかりです」など、会社や自分自身を謙遜する言い方は、よく使われます。

「とんでもございません」の「ございません」は「ありません(ない)」をより丁寧にした言葉で、「とんでもない」を丁寧に言うための表現です。

次ページ:「とんでもございません」は誤用なのか?

SHARE