お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「先負」とはどんな日? 読み方や言葉の意味、避けるべきこと

三上ナナエ(マナー講師)

カレンダーなどでよく目にする「大安」や「仏滅」。これらは六曜と呼ばれる、日や時間帯での吉凶を表す指標です。そんな六曜の一つである「先負」がどんな日か知っていますか? マナー講師の三上ナナエさんに、先負の意味や避けるべき行事について教えてもらいました。

カレンダーや手帳に書かれているのを目にする「大安」「仏滅」などの六曜。

六曜(ろくよう)は日頃は気にしなくても良いものかもしれませんが、冠婚葬祭や何かの節目、行事などの時に意識されるもので、意味を把握しておくことは一般常識として時と場合によっては必要です。

六曜の中で「結婚式は大安の日に行うのが良い」や「葬儀は友引に行わない方が良い」などは聞いたことがあるかもしれませんが、その他の六曜にはどんな意味があるのか、調べる機会もなかなかないのではないでしょうか?

今回は意味を知っている人が少ない「先負」をご紹介します。

「先負」の読み方や「六曜」の意味とは?

ここではまず「先負」の読み方や、六曜について紹介します。

「先負」の読み方は「せんぶ」

「先負」は六曜の一つ。

「先負」の読み方は、地域や人によってせんぷ、せんふ、せんまけ、さきまけと読むこともありどれも間違いではありませんが、一般的な読み方は「せんぶ」です。

六曜とは日や時間帯での吉凶を表すもの

六曜とは、この「先負」も含んだ、「先勝(せんしょう・さきがち)」「友引(ともびき)」「仏滅(ぶつめつ)」「大安(たいあん)」「赤口(しゃっこう)」の六種のこと。

六曜は中国から伝わってきた占いが元とされ、当時は現在の曜日のようなものだったという説があります。

それぞれの六曜には、「日」としての吉凶に加え、1日の時間帯の中での吉凶も存在します。

解釈はさまざまではありますが、特に慶事、弔辞、建築に関することなど、六曜が考慮されて日柄を決めることが現代でも多くありますので、一般的な知識として押さえておくことをおすすめします。

先負とはどんな日?

ここでは、先負がどういった日なのか解説していきます。

先負は「何事も先に急いではいけない」とされる日

先負とは、「先ずれば即ち負ける」の意味で、「何事も先に急いではいけない」とされる日です。

広辞苑では「この日平静を守って吉、午前は凶、午後は吉。陰陽道で公事または急用を忌むという日」と記してあります。

戦国時代の武将の間で開戦日の吉凶を占うために用いられたとの説もあります。

争い事は避け、平穏が良いとされる日なのです。

縁起を担ぐ場合は「午後12時以降」が良し

先負は「負」という漢字が使われているので、勝負事にはあまり好ましくないといわれています。

六曜の一つである「先勝」は「急ぐことは良いこと」「午前中のうちに行うことが良い」という意味ですが、先負は前段でも触れた通り、「急ぐのは良くない」「午前中は良くない、午後以降は良い」とされている日です。

先負の吉な時間は正午からですので、縁起を担ぎたい物事に関しては午後12時以降に行うと良いでしょう。

次ページ:先負の日の午前中に行うのは避けるべきこと

SHARE